忍者ブログ
03 March

シーズンオフにつきブログもオフ。ありがとうございました!


ひと足お先にシーズンアウトemoji

東京マラソンで、僕の2017秋/2018冬シーズンが終了。

もうエントリーしているレースはなく一抹の寂しさを覚えるけど、しっかりと疲労を抜いて4月からの次シーズンに備えたい。

レース前は、とにかくあれこれ考えたり、エクセルでシミュレーションしたりで、ブログを書くネタに困らなかったけど、これからはそうもいかない。

そんなわけで、ほぼ毎日更新してきたブログ、当面の間は気が向いた時だけ更新予定emoji

近いうちに、シーズンの振り返りと今後の練習計画についてだけはしっかり書こうかな。

リアルの場で共に練習いただいた仲間のみなさま、ブログを通じて応援頂いた読者のみなさま、本当にありがとうございましたemoji

東京マラソンというブログ最強・キラーコンテンツのおかげで(笑)、期せずしてランキング1位emojiに輝き、身に余る光栄です。

これから、静岡、はなもも、かすみがうら、黒部名水などなど、各地で後半戦に挑むみなさま、がんばってくださいemoji 応援しています。アツい走りに刺激を受け、来シーズンの糧にしたいと思います。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR
02 March

【東京マラソン】 設楽選手の激走に映りこんでいた!


東京マラソンのレポも終わったので、さくっと2月の振り返り。走行距離は230.7km。主な内容は、4W前40km走~30km~15km~10kmのテーパリングで、既にブログに書いてきたので、省略(笑)。

レース後の筋肉痛は、特に太もも、丸3日間も続いたemoji 右足首の内くるぶしが痛い。

emoji emoji emoji emoji emoji emoji
レースが終わり4週間の禁酒からやっとのことで解放。アフターでビールと焼酎を飲んで、月曜にはセラーからとっておきのフルボトルを選んで、ワインも解禁emoji

チーズにパン、そして録画ビデオ。結果は分かっているとはいえ、ワインを飲みながら設楽選手の歴史的快挙の走りをまじまじと見る。なんとも幸せなひと時。

途中で流れた選手紹介のインタビュー、ここまで自信持って言い切っていたことを知り、驚く。

印象的だったのは、ペースメーカーを務める村山紘太選手がちらちらと視線を送り、両者がアイコンタクトしているように感じられたこと。10,000mとハーフの日本記録保持者の共走が、フルの新記録につながった。

既に2位になっている設楽選手に並走するバイクカメラに、映像が切り替わる。

反対車線側の、白とオレンジのウェア、オレンジのシューズのランナー。見覚えがある。

このランナー。

僕です!自分しか分からないし(笑)、自分だからこそ気付いた。

白いウェアのランナーが目に入り、まじ!?って一瞬ビックリしたのを覚えている。映像でも、カメラ側の設楽選手に顔を向けていることが確認できたぐらいだ。

念のため、検証。応援navi上でふたりを走らせる。うん、やっぱり間違いない。すれ違った時間も一致している。

日本記録が16年ぶりに更新された同じレースを走れたのは、記憶に残る。さらに、ほんのわずか10秒という時間、同じ映像に収まるというのは、奇跡に近いと思う。

もってるかも!?

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
01 March

【東京マラソン2018】 レポ④完結


emoji~ゴール

気持ちを切り替え、せめてサブ50だけは死守したい!

日比谷交差点を右折し、事前に聞いていた目印の緑色のジャージを探す。k.takaoさん発見!長い間ずっと見守り、応援頂いているザ・レジェンド。

左折し、丸の内仲通へ。やっぱり、ここの石畳は走りにくいemoji 脚が消耗しきっているのも一因だけど、凹凸が結構あるからか、推進力が分散する気がしてならない。


とにかくスパートが効かないemoji

足が攣ったのか、うずくまってるランナーが数名いた。

がむしゃらで、恐らくフォームもメチャクチャだろう。沿道の声援は耳に入ってこない。腕は痺れ、視界も狭くなっている。もはやよく覚えていないが、とにかく脚を動かす。

行幸通りに出てフィニッシュゲートを目指す。


[9'12 平均4'11](オフィシャル)


2時間49分32秒

なんとかサブ50は仕留めた。セカンド・ベスト。

でも、ゴール直後は悔しかった。

数分前にゴールしているあさじろさんが待っていてくれた。彼もセカンド・ベストの記録とのこと。積雪で思うような練習ができていないのに、圧巻の45分台、流石だな~。

emoji emoji emoji emoji emoji
昨年はものの見事に打ち砕かれた。筋肉痛が3日間も続き、出せる力は出し切ったと思えた。2:51'02は当時のPBだったし、サブ50の実力がなかったと潔く負けを認めることができた。

「今はもう、来シーズンに目が向いている。」昨年のレポで、そう締めくくった。

あれから1年、自分でいうのもなんだけど、それなりに頑張ってきたと思う。春には古傷が痛み3週間全く走れない時期もあった。

つくばでサブ50とキロヨンカットを達成できて、ブログのタイトルもRoad to 4'00からBeyond 4.00に変えた。

東京では残念ながら48分切りはできなかったけど、最低限のサブ50にまとめられた。少なくとも1年前に成し得なかったことをやり遂げられた。あの日の自分に勝てて、心底ホッとしている。


完。


レポにお付き合いいただき、ありがとうございました。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
28 February

【東京マラソン2018】 レポ③


emoji~25km
門前仲町の交差点を左折。500mほどで行って来い、沿道の応援がぎゅっと凝縮されているように感じ、好きな区間だ。

折り返し後のどこかで家族3人emojiemojiemojiが待ってくれているはず。反対車線側から必死に目印を探す。娘が昨日のピアノのコンサートで持ち帰った紫色のバルーン。

見つけた!

家族も気付いているようだったemoji手を挙げて合図し、娘の名前を叫ぶ。

今から行くよ!と、手のポーズを変え、大回りで折り返し、歩道側を走る。

(我ながら、軽い前傾姿勢で胸をしっかり張れていていいフォームだなemoji

中央分離帯側を走っていれば沿道側と角度があるが、歩道側だと自分とほぼ平行になるので、途端に家族を見失いそうになるが、バルーンが本当に役に立った。

娘は本番に強い。昨日のピアノも見事な演奏だった。昨年成功しているので、心配はしていない。
(昨年の様子)
通り過ぎるのはほんの一瞬だけど、今年はしっかり家族3人の顔を確認できた。ありがとうと伝え、ドリンクをガッチリ受け取る。

100均のボトルに針金の輪っかを取り付けたスペシャルドリンク。いや、中味はただのオレンジジュースなんだけど(笑)、特別だ。

ちなみに、家族にはこんなのを用意していて、通過予想時刻は「10:31~10:33」と書いておいた。実際は10:32、ドンぴしゃだったemoji


それまで給水はほぼ毎回とっていたが、ちょうど飽きていたので、オレンジジュースの酸味がカラダに染み渡る。家族の応援パワーで、21km目のラップ3'52。

ハーフ通過は1:24'05。

設定ペースの3'57がなかなか出せないemoji ちょっと疲れが出始めたか。

25km通過は1:39'08、設定から23秒もこぼれているemoji
[3'52 3'58 4'00 3'56 4'03](ガーミン手動)
[19'49 平均3'58](オフィシャル)
 
emoji~30km

このままズルズルとペースダウンすることだけは避けたい。もはや目標達成は難しいかなと思い始めている。

どうする?

新コースは30km以降、どちらかというと見栄えのない日比谷通り~第一京浜だ。しかも、品川で折り返してからは向い風が予想される。

ここで足掻くのは得策じゃないと判断。目標を切り替え、せめてキロヨンカットを狙いたい。

キロヨンでラップを刻むことにする。

中央通りに入り銀座を走る区間は、まさに快感emoji さすがにこの辺りになると周りのランナーもまばらで、道路のど真ん中にコース取りすると、東京を走っているんだなと実感する。

30km通過は1:59'10。当初の設定より40秒ビハインドだが、もはやそんなことを気にしている状況ではなく、キロヨンカットまで〇〇秒貯金があるかどうかだ。

この区間のラップ ↓ 我ながらお見事だ(笑)。
[4'01 4'00 4'01 4'01 4'01](ガーミン手動)
[20'02 平均4'00](オフィシャル)

emoji~35km

日比谷交差点を左折した直後、トップランナーとすれ違う。誰かは分からなかったが、独走態勢。

次に目に飛び込んだのは白いウェアの日本人?ランナー!この後、とんでもないことが起きようとは、知るすべもなく、考える余裕もなかった。

31km目は3'57と粘れたものの、もう余力はないemoji キロヨンをいじすることもままならず、ひたすら走る。

ブログ村の大応援団を反対車線側にとらえ、馴染みのある顔が見えると、自然と笑顔になれた。

(はりゆうスポーツ)
ところが、キロヨンとの攻防戦(消耗戦か)は、負けっぱなし。

35km通過は、2:19'28。キロヨンカットまで、32秒の貯金。
[3'57 4'03 4'03 4'07 4'08](ガーミン手動)
[20'18 平均4'04](オフィシャル)

emoji~40km
 
そろそろあさじろさんとスライドするはず。白のサンバイザーと黄色のウェアを探す。いた!お互い苦しい中、エール交換emoji

36km手前でようやく折り返す・・・

と、やっぱり、向かい風!

体に力が入らない。カーボローディングは成功して、きっちり仕上がったと思いきや、朝に感じた空腹感はあながち間違っていなかったのだろうか。

まだあと6kmもあるよ・・・。そう思っちゃった時点で、もう完全に負けモード。

せっかくKa_Naさんから応援頂くも、力強く応じる気力は残されていない。

ラップが4'10をオーバーするようになり、必死に食らいつく。キロヨンカットまで32秒あった貯金を使い尽くしていることを頭では分かっていても、体がついていかない。

ブログ村の大応援団、せめてものお礼としてハイタッチemojiemojiemojiemojiemoji

ビル風かなんなのか、向風は時折強くなり、その度に既に底が見えている体力を削り取っていく。

40km通過は、2:40'20。キロヨンカットがするりと逃げて行った。
[4'05 4'12 4'10 4'11 4'15](ガーミン手動)
[20'52 平均4'10](オフィシャル)

続く。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
27 February

【東京マラソン2018】 レポ②


セキュリティチェックを終え、あさじろさんとの待ち合わせ場所、新宿中央公園を目指す。彼のブログをチェックすると、こんな写真があった。

僕らはその場に居合わせたわけではない。EXPOで僕のメッセージを見つけ、横に返事を書いてくれていた。まだ完走していないのに、ウルッとくる(笑)。

この場所は早く辿り着けば空いていて、仮設トイレもあるのでオススメ。写真の左奥方面に階段やベンチがあるので、そこに座って準備できる。

階段からの眺め。

今年は ↓ の仮設トイレが女性専用になっていたのが誤算emoji

ほどなく、あさじろさん登場。彼は富山からの参戦なので、近くのホテルから徒歩。カッパを脱げば走れる状態だ。ゆっくり話したいが、仮設トイレの列がどんどん長くなるし、そもそもスタートブロックが違うので、互いの健闘を祈り一旦お別れ。

列に加わり、バナナとカステラ、Super VAAMをちびちび補給。スッキリしてから、再び階段に戻り、着替え始める。

ウェアは、速乾吸水シャツ+長袖ピチピチtechfit+ゼッケンを留めたノースリ、ランパン、薄手グローブ、ガチ勝負スタイルemoji シューズはもちろんJapan Boost 3。カーフタイツは時に逆効果に感じるので、今回はなしで。

用意した補給食はこちら。

レース前:OVERBLAST、VO2MAXバー、2RUNタブレット。

左上のPowerGelは新作で、EXPOで買ってみた。ちょっと重くてかさばるので、スペシャルドリンクに取り付けておいたけど、今になって不要と考え、嫁さんにメールしておいた。

服はリユース用に回収してもらえるので、履き古して裾が擦り切れている家着のスウェットパンツ、100均で揃えたレインウェア上下+軍手+フリースマフラー。1時間以上待つ東京では、防寒対策をやり過ぎて損はない。

荷物をまとめ、指定の袋に入れる。袋が少し大きくなったようで楽々収められた。

今年からスタートブロックへの入場が早まり7:45からとなったが、僕はグロス狙いでもないので、列に並んだりはせず、空いた頃を見計らってBブロックへ。

途中、furuhon-yaさんとメテオデさんに会い、エール交換。

軽くアップ、と言っても、Bブロック最後尾~Cブロック先頭の数十メートルのスペースを何回か往復。こればっかりは仕方ない。

車道と歩道を遮る植え込みに腰掛け、静かにその時を待つ。ホットジェルを脚に塗りマッサージし、血行を良くしておく。

レース前の最後の補給。この日は、それほど満腹感もなく、なんだか喉も乾き気味だった。

フリースのマフラーだけは巻いたままにし、残りの防寒着は回収してもらう。

国歌が流れると、会場のボルテージも最高潮に達する。気持ちも高ぶり、緊張からか、ドキドキしている。

幸いケガに悩まされずに秋~冬シーズンを戦えている。それでも、この数週間、実はかなりナーバスになっていて、正直つらかった。ようやく解放され、これから最高の舞台を走れることが、ただただ嬉しかった。

目標タイム2時間48分切り。30kmまで3'57ペース、あとは粘る!


9'10スタート
emoji

emoji~5km

ロスは29秒。相変わらずの混雑に辟易する。脱ぎ捨てられたカッパなどが散乱していて、避けて走るランナーが詰まって更なる渋滞の原因になっていた。

歩道側ギリギリを走り、なんとかペースに乗せるも、毎回ここはGPSが大きくずれるので、ガーミンは頼れない。

最初の距離表示看板が目に入り、手動ラップをピッ。大事な入りの1km目は3'55。よし!

それにしても、ガーミンに表示されるラップペースが3'30ぐらいだったりして、ペース感覚が鈍る。下りだから飛ばしすぎないように、どうしても慎重になるが、2km目は3'57。よし!

3'52、3'57、3'55と順調。5km通過は19'37。8秒の貯金チャリンemoji

[3'55 3'57 3'52 3'57 3'55](ガーミン手動)
[19'37 平均3'55](オフィシャル)

 
emoji~10km
 
カラダは軽い。boostの感じもいい。沿道の溢れる応援に飲み込まれそうになるが、適度の緊張を保つように丁寧に走る。

7km目にまさかの4'06で痛恨のキロ4オーバーemoji誤差ということで片づける(笑)。最初のブログ村応援団。激沈上等の旗が目に入り、ハイタッチ!

はりゆうスポーツ
東京の応援はとにかく多いし途切れることがない。不特定多数のランナーに向けた声援は確かに嬉しいんだけど、こうして寒い中待ってくれて、個別に応援頂けるのは、確実に力になる。

そんなわけで、3'51。ところが、4'14、4'01とラップが落ち着かなくなる。

10km通過は39'45。貯金が一気になくなり、15秒もの借金を背負うことになった。

疲労が出始めたわけではないので、恐らく5km過ぎまで続いた下り基調が終わり、その反動でペースに乱れが生じたんだと思う。

今振り返ると、この5km区間で設定の+23秒は大きかった・・・。

[3'56 4'06 3'51 4'14 4'01](ガーミン手動)
[20'08 平均4'02](オフィシャル)

emoji~15km
  
もやもやが晴れないまま、11km目4'02とまたしてもオーバー。気合を入れ直し、3'56。YDOemoji、やればできるおっさん(笑)。

蔵前辺りでまっつんさんが身を乗り出して声援を送ってくれているのが、目に入り、耳に届いた。ちょっとしたサプライズで嬉しかった。なにしろ、昨年はせっかくの応援に気付けなかったからだ。

ラップもそこそこ安定し、15km通過は59'33。設定より18秒ビハインド。借金がちょっと増え、48分切りは正直微妙かなと頭をかすめる。注:諦めたわけではない(笑)。

[4'02 3'56 3'59 3'58 3'54](ガーミン手動)
[19'48 平均3'58](オフィシャル)
 
emoji~20km
   
蔵前から門前仲町へと向かう。細かなアップダウンが連発する区間。昨年経験しているので、難なくクリアしていく。

20kmを過ぎれば、昨年と同じ場所で家族が待ってくれているはず。その光景を思い浮かべるだけで、ワクワクしてくる。

ラップにも好影響で、ほぼ一定ペースで走れていることを体感できていた。

昨年はこの辺りから気温が上がり暑さにやられた。今シーズンの練習では天候に合わせてウェアの組み合わせを何種類か試して、出来る限りの対策はしてきたつもり。今日の選択はミスらなかった。

20km通過は1:19:19、設定の19秒ビハインド。

「48分切り、どうだろう?でも、キロヨン平均の1時間20分は切れてるな・・・」

悪魔の甘い囁きemoji 注:諦めたわけではない(笑)。

[3'58 3'57 3'57 3'54 3'59](ガーミン手動)
[19'46 平均3'57](オフィシャル)

いよいよ門仲の交差点を左折すれば、家族が待ってくれているはず。娘には重要なミッションを託してある。果たして今回も上手くいくのか!?

続く。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ