忍者ブログ
11 July

【東京マラソン】 まさかの!?


6/30、僕は迷っていた。7/9のつくばのエントリーに万が一失敗したら、即断即決するつもりだった。それまでに、3,900名のチャリティ枠が残っていないかもしれない、という一抹の不安はあった。

7/1、10:00。既にブログに書いたが、念のためサイトにアクセスし、流れでエントリーした(笑)。

7/7、20:05。つくばのエントリー、過去最速で完了。

その後FBを見ていると、なんと!

7/8の11:30には、3,900名の枠が埋まったらしいemoji 僅か1週間の出来事。恐るべし、チャリティの人気度。

まさか、その不安が的中するとは思いもしなかった。もし、つくばのエントリーが出来なかったとしても、チャリティのエントリーは既に終了しているので、ダブルでショックを受けるところだった・・・。

あの時の決断、自分をほめてやりたい(笑)。
emoji emoji emoji emoji emoji

「風を感じて 2」のMasashiさんが、ブログで紹介してくださいました。ありがとうございます!

ペンドラさんが、再度ブログで取り上げてくださいました。ありがとうございます!

更新の励みになります。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR
01 July

【東京2018】 再びあのスタート地点へ!?

東京マラソンチャリティ TOKYO MARATHON CHARITY
10時:一応、サイトにアクセスしてみる(笑)。単に状況把握。

つながらないemoji全く次に進まず、画面は真っ白のまま。色々なことが頭をよぎる。定員は3,900名。今回は、抽選結果どころかエントリー前に、チャリティが締め切られる。

昨年は、一般抽選の結果が出た直後に、わずかではあるが空きはあった。落選して、それならと決心し、申し込もうとした人が多数いたわけだ。残念ながら間に合わなかった人たち、それならと考えて、今回エントリーしようとしている人が多いのか。

先着順で最も熾烈な大会のひとつ、つくばの定員は15,000(つくば市在住・在勤・在学の地元枠が含まれるので、実際の一般枠数は不明)。30分も経たないうちに埋まる。

ネットの裏で(って表現もなんか変だけど)、一体どれくらいの人がエントリーしようとしているのか。目の前にある白画面を見つめながら、段々と不安になってきた。

15分経過:やっとつながったと思ったら、仮登録。指定アドレスに送られてくるメールから本登録。

ランネットでのエントリーと異なり、記入画面が何回か出てきて、すんなりにエントリーとはいかない。

そして、気付けば必要事項の入力が終わりemoji、とうとう、決済ボタン押したら決定、というところまで来てしまった(笑)。

さぁ、どうする!?

迷っている時間はないかもしれない。
















「クリック」の画像検索結果
19分経過:決済完了。メール受信。終わった。ホッとした。

ところが、ここまでは寄付の申し込み。チャリティランナーへの登録は、別途手続きが必要、ということに気付くのに時間を要した。記入が終わり登録。

29分経過:またメールが届き「チャリティランナーの参加候補者として登録完了」。

30分経過:通常のエントリー料を決済。入金確認と決済確認のメールが届き、全て完了。

嫁さんには機嫌がよさそうな時に、今朝話しておいた。僕は当然迷っていたし、そんな気はなかったのだが、一応OKはしてくれていた。娘は「うん!また応援に行くねemoji」と言ってくれていた。ありがたいemoji

家族の理解があったことが、最後に僕の背中を押してくれた(笑)。

2年連続、5回目、東京2018を走ります!

東京2017の一連の出来事は、是非こちらへ。

更新の励みになります。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
15 June

【東京マラソン】 スタート地点の都庁へ!


昨日、あのスタート地点へ。およそ4か月ぶり。

所要があり、ハイアット リージェンシーへ。少し早めに行き、散歩。

平日に来たのは、ここ数年で初めてなので、普段の状況はよく分からないが、思いのほか人通りは疎らで、交通量も少ない。あまりに閑散としていて、ギャップにビックリだ。


ここが、1年に1回、2月末に、35,000人のランナーで埋め尽くされると、こうなる。
「東京マラソン スタート」の画像検索結果
来年も、この場所に戻ってきたい・・・。

ホテルのロビーで海外からのビジターと待ち合わせ、タクシーで移動。降車する時、こんなカードを渡された。

詳細はこちらを参照頂くとして、23区・武蔵野・三鷹地域で、3,800台あるチェッカー車のうち、わずか5台だけの特別なタクシーということらしい。

車自体はフツーだし、どこに特別感があるのか全く分からないし、不思議がっているビジターに通訳する手間も増えるし、ありがた迷惑だ(笑)。

5/3,800。倍率でいったら760倍!その地域に何台のタクシーがあるのか知らないけど、チェックルタクシーに乗れる確率って、相当低い。

東京マラソンの倍率、12倍。まさに、スタート地点だというのに、こんなことに運を使っている場合じゃない(笑)。

更新の励みになります。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
08 June

【東京マラソン2018】 チャリティランナー


まだまだ気が早いが、東京マラソンのサイトを覗いてみた。

すると、チャリティランナーの募集内容の変更に、ビックリした。

・ 定員が3,000人から4,000人に増加
・ 申込み期間の変更→7 月1 日から7 月31 日まで(3,900名)

あと、今回から、
チャリティ団体向けに新たな仕組み(名称:アクティブチャリティ)が試行されるらしい。「定員4,000 人のうち100 人分を上限に、希望するチャリティ団体が事前に確保。チャリティ団体は、独自のプロモーションによって寄付の呼びかけを実施」するんだとか。こちらの募集期間は、7 月1 日から8 月31 日まで。

ちなみに、2017年大会のスケジュールはこんな感じだった。

実際には、一般抽選の結果が出た9月16日のお昼過ぎには、3,000人の枠が埋まった(当時の記録はこちら)。

そうなることを予想し、僕は抽選結果を待たずして、チャリティランナーになることを決心した。

簡単には決心できず、随分と悩んだが、新コース1発目だし、走ってよかったともちろん思っている。その価値は十分にある。

さて、来年はどうしようかemoji

まだ募集要項が発表されていないので、抽選のスケジュールは未定。昨年までと同じとなると、抽選のエントリー前に、チャリティの締め切りが到来することになるemoji

今シーズン、できればフルは4本走りたいと思っている。理由は前に書いたが(こちら)、連戦のほうがタイムがいいから。秋はエントリー済みの水戸黄門と、本命のつくば。

冬はまだ白紙。東京を走るとなると1本勝負。2本だとすれば、勝田+はなももかな。

単純にどれを走るか?で考えるとこういうパターン。他方、どうやってサブ50とその先のキロヨンを出すか、という観点で考えるとのでは、若干パターンが違う。かと思いきや、そうでもなさそうだ(笑)。

さぁ、どうしよう・・・。

更新の励みになります。応援クリックお願いします。