忍者ブログ
29 November

【つくば2018】 番外編


脚はほぼ回復したけど、焦らず今夜も超スロージョグで疲労をしっかり抜いておきたい。

emoji emoji emoji emoji emoji
レポでさらっと書いたけど、レース中に嬉しい出会いがあった。先月、FBのメッセージが届いた。当ブログの読者さんで同年代。社交辞令でも「ブログのファン」と言われて嬉しかった。

メッセージには丁寧な自己紹介が書かれていて、プロフィール写真からして明らかにランナー。投稿もマラソンのことで溢れていて、つながり申請を快諾。

何度かメッセージのやり取りをしていた。お互いのゼッケン番号も連絡してあった。コース上でお声掛けいただき、ガッチリ握手。

こういう出来事があると、マラソンとブログでつながる縁っていいなと思う。

emoji emoji emoji emoji emoji
もうひとつ。

体を冷やさないよう早めに戻ろうと記録証を受け取った後、脇の段差に腰掛けてひと休みしていると、「おめでとうございます」と声をかけられた。

その方は、タイムが同じ頃からブログを読んでくださっていたとのこと。って、ゼッケン番号2桁なんですけどemoji。この日も38分台で完走されたらしく。

陸連の登録場所によっては東京マラソンの準エリ・クラスの方との出会いもブログのおかげだ。

こうして、ダイレクトなフィードバックが届くというのは望外の喜び。

emoji emoji emoji emoji emoji
大会HPに掲載された結果によると、女子3位ランナーは、上武大卒でラフィネの方らしい。富士山マラソンでの優勝経験もある。

デッドヒートを交わしたからではなく(笑)、お名前と走っている姿が片隅にある記憶とリンクした。

そうだ、2012年に走った越後湯沢ハーフだ。僕は2回目の参加。上武大の選手がゲストランナーだった。黄色が僕で、ピンクが彼女。

なかなかエグいコースで、坂をぐんぐん上っていく白と黒ウェアのグループに彼女がいたのを思い出した。

あ、特に追っかけファンとかじゃないですから、って言うと、それはそれで語弊があるけど(笑)、なんだろう、華奢なのに力強いフォームが印象に残っている。

彼女のグロスタイムは2:48'44、僕と1秒差!39km前の折り返し地点に差し掛かった時に抜かれそうになって、後ろで食らいつくのは格好悪いから自分が引っ張るつもりでペースアップした。

僕は特定のランナーに対する競争意識はないけど、レース中に粘る時の目安に誰かをロックインすることはある。あの時がまさにそうだった。

負けたくないとかじゃなくて、PB更新を懸けて秒単位の戦いをしている状況で、このランナーから逃げ切られるかどうかという意識が働いたのかもしれない。

後ろを振り返ることなく一心不乱にゴールを目指したので、周りの状況は全く目に入らなかった。

40km地点で3秒差、ゴールタイムで1秒。彼女にとっても相当なラストスパートだったはず。勝手な妄想をすれば、もしかしたら僕の背中を追ったのかも?しれないemoji

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR
28 November

【つくば2018】 総括~PB更新はもちろんのこと、出し切れたことが何より嬉しい


昨夜、次の足立フレンドリーに向けて始動。まだまだ筋肉痛が酷く、7'30~8'00の超スロージョグ。

emoji emoji emoji emoji emoji
つくば2018の総括として、期せずしてPB更新に至った勝因をまとめておこうと思う。たった7秒だけどねemoji

① 気象条件
・間違いなく抜群のコンディションだった。正確なデータはまだ大会HPに出ていないが、ガーミンでは気温11度。15度ぐらいまで上がったのだろうが、僕にとっては最適な気温

・向い風を感じる区間はあったものの、微風で心地よいぐらい

② カラダ管理
・僕なりのルーティーン、4週間の完全禁酒

・直前1週間の食事メニューはほぼ同じ。トレーニングを管理しているExcelファイルには「食事」タブがあるぐらいだ(笑)。当日朝、自分にとってベストだと思う水準に仕上がる

・モルテンを活用したカーボローディング。レース前2日間と当日にMIX 160を1袋ずつ摂取。詳しい効果についてはこちらのレポご参照

・つくばでは汗をダラダラかかないのに、終わるとウェアに塩が噴いていることが多いので、意識してしっかり目に水分補給

③ 自己分析とレース戦略
自画自賛になるが、マラソンは自己満足の世界だから(笑)敢えて書こう。頑張った結果だからね、自分をほめてあげたいemoji

最大の勝因は自己分析にあったと思う。

引越という大仕事のため夏に十分走り込めず、秋になっても走力が積み上がらなかった。出張と家族行事のため、毎年つくばに向けてステップとする30Kと水戸黄門をDNS。

急遽エントリーした荒川の30kmレース含め、30km走では一度もキロヨンをクリアできず。

テーパリング期の仕上げの15kmと10kmではタイムは悪くないが、走りの内容はガタガタだった。ピッチはいつも以上に少ないし心拍数も高め。

こうした結果を踏まえ、高望みせず現実的な目標設定にしたことに尽きる。

果敢にPBを目指すのではなく、確実にサブ50を狙う戦略とした。過去データに基づき、30kmまでと残り12.195kmのペース配分の最適な組み合わせをはじき出した。


結果論ではあるが、もし仮に冷静さに欠け、ハナからPB狙いだったら、上のようなペース配分に設定しないし、撃沈してサブ50を逃すリスクはあったと思う。

目標というよりはサブ50の関門タイムとして設定したチャート。これがレース中に力まずリラックスして走ることにつながった。

emoji emoji emoji emoji emoji
比較しても、PB更新に相応しいレース展開だったと思う。


マラソンに奇跡がないんだとすると、サブ50を安定して出せる走力が備わっていると思いたい。マラソンの女神がいるんだとすると、今回多くのランナーに微笑みかけてくれたんだと思いたい。

emojiemojiemoji emojiemojiemoji
Beyond 4.00

フルをキロヨンで走ることを夢見てこのブログを立ち上げた。サブ50の壁に何度も跳ね返されたが、昨年のつくばでキロヨンカット(2:48'47)も同時に達成できた。

それを機にブログのタイトルを変更した。キロヨンの先へ、という思いを込めて。

相性のいいつくばで、たったの7秒だけど、少しだけ先に進めた。

昨年のネットタイムと、今年のグロスタイムが一緒なのは何かの偶然だろうか・・・。


更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
27 November

【つくば2018】 レポ②~40km以降の死闘を制す!


2日経った今になっても、脚の筋肉痛が過去最大レベルで酷い。特に脛の外側の筋肉。まだまだ階段を下りるのがぎこちないを通り越して、痛くてつらい。

emoji emoji emoji emoji emoji
中間点を1:23'43で通過。関門タイム1:24'03@3'59より40秒の貯金。

~25km
<19'59 @4'00>《スプリットタイム:1:39'18》
[4'01 3'57 4'01 3'59 3'59]
この区間も長閑なコースで景色に代わり映えはないけど、心地よい。今シーズンは30kmを一度もキロヨン未満で走れていないが、今日は大丈夫そうかなと思えた。

ほとんどのランナーがそうであるように、30kmまでは無理をしない。いつもそう心がけている。

無理せずキロヨン前後の安定したペースを保てていると、精神的にも落ち着く。

~30km
<19'58 @4'00>《1:59'16》
[3'48 3'56 4'02 4'00 4'01]
26km目の3'48はよく覚えていない(笑)。そんなにペースアップした記憶はない。

つくばで数少ないスライド区間。唯一気付けたのは、この日は珍しく?黄色ウェアで、ブルーっていうイメージとのギャップがあり目立っていたフジヤマさん。手を上げて叫んだ。

さぁ、重要チェックポイントの30km地点。なんとなくペースアップしたい気分になるが(笑)ぐっとおさえて、タイムを確認。1:59'16。今日のサブ50関門タイム1:59'30。よしクリアだ。

~35km
<20'09 @4'02>《2:19'25》
[3'59 4'04 4'00 3'59 4'01]
相変わらず足裏の前足部がキリキリ痛む。着地点を僅かにずらしたりしなつつ、キロヨンとの攻防が始まる。ラップだけ見れば安定しているが、次第に余裕がなくなってきた。

僕の関門タイムは2:19'50で、残り5kmを4'10、2.195kmを4'15でいければサブ50というプラン。貯金は25秒しかないが、そこまでペースダウンしないだろうなという小さな自信が芽生えていた。

レースプラン」の記事で書いたプランB発動!

~40km
<20'35 @4'07>《2:40'00》
[4'12 4'02 4'05 4'09 4'01]
つくばの数少ない難所、35kmを越えてからの陸橋越え。上りは着地の衝撃が減るのでむしろ楽だが、下りは堪える。

疲労も溜まってきてキロヨンを維持できなくなる。ラスト5kmぐらいで最後の補給、OVER BLAST!

39km地点前の折り返しに差し掛かった時、女子3位に追いつかれる(ゴール直後にインタビューを受けていて順位が判明)。このランナーとは何度か抜いたり抜かれたりしていた。

後ろにくっついて引っ張ってもらうのはさすがに格好悪い。ここは自分が引っ張るぐらいのつもりでペースアップ。

40km通過時にガーミンを確認すると、ジャスト2:40'00!ここから1秒たりともミスれない。

もはやサブ50は確実だ。僕のPBは1年前つくばの2:48'43。そう、キロヨン平均となる2:48'47の僅か4秒。

スタート前にはまさかPBを狙えるなんて思っていなかったけど、僅か数秒でPBを逃したら絶対後悔する。否が応にも敗因を見つけ出そうとするに決まってる。あれがダメだったとか、こうすればよかったとか・・・。

~ゴール
<8'36 @3'55>《2:48'36》
[4'08 3'55 3'36/km]
残りをどれぐらいのペースで走ればいいのか考えている余裕などない。とにかく必死に前を行くランナーを一人ずつ追い抜く。

息を吐き出す度に声が出るほど、心肺もいっぱいいっぱい。タイムに追われて走っていて、生きた心地がしない。

最後の上り坂は心の準備もできていたし、攻めて攻めまくる!超絶ラストスパートをかます。

陸上競技場に入る前からさらに加速し、出し切る。

終わってみれば、2:48'36でPB更新!!!たったの7秒だけど、大きな7秒だ。

ラスト数百メートルは3'36/kmペースまで上げられていた。

(完)

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
26 November

【つくば2018】 レポ①~キロヨンと友達になる


昨夜は久しぶりに近所の銭湯に行って、温冷交代浴して疲労回復に努めた。次は足立フレンドリー、いい加減80分切りしないとシャレにならない。

emoji emoji emoji emoji emoji
では、つくばのレポ。何回かに分けて。

4時過ぎに起床。まずはマッパになって最終計量、56.5kg。

完ぺきに仕上がった。金曜に結構増えたが、体内の不要物があまり出なかった影響もあるっぽい。4週間の禁酒と1週間かけてのカーボローディングに成功emoji

コーヒーをゆったり味わい、ベランダで一服。朝食は最後のカーボインとして、バナナ、蒸しパン、餅入りどら焼き、麦ごはん、オレンジジュース。

モルテン500mlのペットボトルを携え、愛車に乗り込む。モルテンは移動中からスタート前までチビチビ飲み続けた。

高速は空いていて、空が明るむ中、快適にドライブ。年に1回しか走らない道だけど、インターを降りてからの景色はなんとなく覚えていて、近づくにつれて気持ちが高まる。

予定通り6:30前、いつものコインパーキングに到着。1日最大料金200円!

ブログ村陣地にはまだ誰もいなかったけど、はてブロのおいやんさんがいらしてた。OTTの時にはりゆうさんがつなげてくださった縁だ。

テントを設置し、早めにトイレに行っておく。村の仲間に挨拶したり、テント内で準備したりを繰り返して過ごす。

今年もサプライズで、疲労抜きジョグを伝授して頂いたTake先生登場!「〇〇さんは本番に強いから」と言ってくださって、嬉しかった。

最後の補給、バナナ、Super VAAM、BCAA粉末、CLIFチョコバー、そしてOVER BLASTのNO CRAMP。

今回用意した補給食はこちら。

WINZONEは初めての試み。ジェルでは珍しいオレンジ風味という理由で。あとは僕の定番。2RUNはレース前に飲んだ。あと、塩熱タブ、マグオン顆粒、BCAA顆粒、Super VAAM顆粒。フリップベルトを使用。

日差しは強いが、朝方は結構冷え込んでいる。寒さ対策はしっかり目に、100均のサウナスーツとレインズボン、お腹にホッカイロ。

ウェアはピチピチtechfitノースリにランパン。アームカバーやゲイターなし。シューズは白のjapan boost 3。

スタートブロックに移動するまで、アップ代わりのジョグ。チップは付属の針金を使わず、紐でしっかり結ぶ!!これ大事(笑)。

レースプランはシンプルに、30kmまでキロヨン以下で、残り粘ってサブ50。このチャートは「設定」というよりも、サブ50のための関門タイム。


余計なことは考えず無の境地でスタートの号砲を待つ。

~5km

<ラップタイム:19'48 @3'58>
[3'57 3'59 4'01 3'56 3'55]

ロスタイムは7秒。ピッチを意識し、大事な入りは3'57。快晴でほぼ無風。実に気持ちいい。サウナスーツは途中で脱いで、手に持っていたズボンと一緒にゴミ箱へ。

ラップは自動にした。つくばならそれほど誤差はないし、毎回ピッとするのは煩わしいし、通過時に4'00x距離で確認すればよいわけで。それに、5km毎にマットが敷いてあるのでチェックしやすい。

さぁ最初のチェックポイント、5km通過は19'55。脚が回転している感覚もあり順調だ。

~10km
<19'50 @3'58>《スプリットタイム:39'38》
[4'00 3'57 3'59 3'57 3'56]
給水は毎回とるようにした。日差しが強く気温も上がっていくので、口をつける程度ではなく、ちゃんと数口飲むようにした。最初のジェル投入。初のWINZONE、甘ったるくなくて中々いける。

この辺りだったか、おいやんさんから声をかけられた。

FBつながりの方からも声をかけられて、はじめましてのご挨拶と握手。ブログは前から読んでくださっていて、FBのメッセージで何回かやり取りはあった。今回楽しみにしていたミッション完了。

どちらもサブ50を目指す同志だ。

~15km
<20'02 @4'00>《59'40》
[4'00 3'59 4'00 4'01 3'59]
今日はキロヨンと友達になれそうな気がした(笑)。ここまで、体感的にはほぼイーブンで、このペースが楽に感じられた。ところが、足裏がチクチク痛み出す。

古傷の足底筋膜炎とかそういった類の痛みではなく、前足部に着地衝撃の痛み。ここは最近決まって痛むので、もちろんテーピングを貼ってあるんだけど、ソックスについている滑り止めのブツブツがいけないのか、ブースト履いてロング走すると主張し始める。

厄介なヤツめ。筋疲労ではないのでペースダウンに即つながるわけではないものの、困ったもんだ。

~20km
<19'39 @3'56>《1:19'19》
[3'56 3'54 3'52 3'57 3'57]
この辺りは長閑な田園地帯。路面も走りやすいアスファルトで、見通しが良い。ちょっとばかり右側にはみ出し、前を行くランナーの後ろを避け、前方に広がる景色を楽しむ。

自然にペースアップ。

カフェイン入りのメイタンゴールド。やっぱりこれは効く!

~ハーフ
《1:23'43 @3'58》
あっという間にもうハーフか。今振り返ると、そう思えたのは大きかったのかもしれない。

前夜に読んだキミ兄さんのブログに、こんなことが書かれていた。『「言い訳の出来ない条件」ではなく「とてつもない記録が出る条件」だと思ってがんばれ!』と。

確かにそうだよな、と思った。

僕も「言い訳の出来ないコンディション」とブログに書いたことが何度もあるし、このフレーズ頻繁に目にする。自分をわざわざ追い込んでいるつもりはないんだけど、そう聞こえちゃう。

勿体ないよね。

だから僕はこの天気、気温、風を楽しもうと思った。この条件で記録が出なかったら、なんて全く考えず。走りながら青空に向かって何度も両手を広げた。

続く。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
25 November

【速報】 つくばマラソン2018



終わってみれば、自己ベスト出ました。

削り出した7秒。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ