忍者ブログ
27 November

【つくば2018】 レポ②~40km以降の死闘を制す!


2日経った今になっても、脚の筋肉痛が過去最大レベルで酷い。特に脛の外側の筋肉。まだまだ階段を下りるのがぎこちないを通り越して、痛くてつらい。

emoji emoji emoji emoji emoji
中間点を1:23'43で通過。関門タイム1:24'03@3'59より40秒の貯金。

~25km
<19'59 @4'00>《スプリットタイム:1:39'18》
[4'01 3'57 4'01 3'59 3'59]
この区間も長閑なコースで景色に代わり映えはないけど、心地よい。今シーズンは30kmを一度もキロヨン未満で走れていないが、今日は大丈夫そうかなと思えた。

ほとんどのランナーがそうであるように、30kmまでは無理をしない。いつもそう心がけている。

無理せずキロヨン前後の安定したペースを保てていると、精神的にも落ち着く。

~30km
<19'58 @4'00>《1:59'16》
[3'48 3'56 4'02 4'00 4'01]
26km目の3'48はよく覚えていない(笑)。そんなにペースアップした記憶はない。

つくばで数少ないスライド区間。唯一気付けたのは、この日は珍しく?黄色ウェアで、ブルーっていうイメージとのギャップがあり目立っていたフジヤマさん。手を上げて叫んだ。

さぁ、重要チェックポイントの30km地点。なんとなくペースアップしたい気分になるが(笑)ぐっとおさえて、タイムを確認。1:59'16。今日のサブ50関門タイム1:59'30。よしクリアだ。

~35km
<20'09 @4'02>《2:19'25》
[3'59 4'04 4'00 3'59 4'01]
相変わらず足裏の前足部がキリキリ痛む。着地点を僅かにずらしたりしなつつ、キロヨンとの攻防が始まる。ラップだけ見れば安定しているが、次第に余裕がなくなってきた。

僕の関門タイムは2:19'50で、残り5kmを4'10、2.195kmを4'15でいければサブ50というプラン。貯金は25秒しかないが、そこまでペースダウンしないだろうなという小さな自信が芽生えていた。

レースプラン」の記事で書いたプランB発動!

~40km
<20'35 @4'07>《2:40'00》
[4'12 4'02 4'05 4'09 4'01]
つくばの数少ない難所、35kmを越えてからの陸橋越え。上りは着地の衝撃が減るのでむしろ楽だが、下りは堪える。

疲労も溜まってきてキロヨンを維持できなくなる。ラスト5kmぐらいで最後の補給、OVER BLAST!

39km地点前の折り返しに差し掛かった時、女子3位に追いつかれる(ゴール直後にインタビューを受けていて順位が判明)。このランナーとは何度か抜いたり抜かれたりしていた。

後ろにくっついて引っ張ってもらうのはさすがに格好悪い。ここは自分が引っ張るぐらいのつもりでペースアップ。

40km通過時にガーミンを確認すると、ジャスト2:40'00!ここから1秒たりともミスれない。

もはやサブ50は確実だ。僕のPBは1年前つくばの2:48'43。そう、キロヨン平均となる2:48'47の僅か4秒。

スタート前にはまさかPBを狙えるなんて思っていなかったけど、僅か数秒でPBを逃したら絶対後悔する。否が応にも敗因を見つけ出そうとするに決まってる。あれがダメだったとか、こうすればよかったとか・・・。

~ゴール
<8'36 @3'55>《2:48'36》
[4'08 3'55 3'36/km]
残りをどれぐらいのペースで走ればいいのか考えている余裕などない。とにかく必死に前を行くランナーを一人ずつ追い抜く。

息を吐き出す度に声が出るほど、心肺もいっぱいいっぱい。タイムに追われて走っていて、生きた心地がしない。

最後の上り坂は心の準備もできていたし、攻めて攻めまくる!超絶ラストスパートをかます。

陸上競技場に入る前からさらに加速し、出し切る。

終わってみれば、2:48'36でPB更新!!!たったの7秒だけど、大きな7秒だ。

ラスト数百メートルは3'36/kmペースまで上げられていた。

(完)

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR