忍者ブログ
04 March

【東京2019】レポ①~mission completed


改めて、昨日は雨で寒い中応援いただきありがとうございました。ボランティアで大会を支えてくださった方々、感謝申し上げます。

レポは変則的に書きますね。

emojiemojiemoji emojiemojiemoji
「家族みんな失敗しちゃったね~」

4才の息子が笑いながらつぶやいた。そんな和やかな朝を迎えた我が家。

今年は浅草橋駅、25km過ぎの給水を越えた辺りで家族に応援してもらった。豊洲に住んでいた頃、旧コースの時は38km、新コースでは門仲で、引っ越した今年は浅草線であれば乗り換えなしなので、距離等を踏まえ、そこを選んだ。

3月3日はひな祭り。娘のお雛様を買ったのは浅草橋にある久月だったこともあり、家族が「ひとつになる日」にはぴったりの場所だ。

前日、子供たちは何やら相談しながら応援の言葉やイラストを描いてくれた。


息子は「がんばれ!がんばれ!」と発声練習までしてくれた。

今年も娘には大役を引き受けてもらった。過去2回、完璧にスペシャルドリンクを手渡してくれている。まぁ、オレンジジュースにはちみつを混ぜたドリンクだし、仮に受け取れなくても困るようなモノではなかったが、今回はそうではない。

モルテン320を小分けにした100均ボトル2個とジェル。2個はランパンに縫い付けたポケットに入れ、受け取ったら入れ替えるという作戦。これをミスったら痛い。

毎回ヤキモキする娘だが、本番に強い。パパは全く心配していない。何なら妻にお願いするのが一番安心だが、万一ミスったら喧嘩になりかねないので。。。笑

20km通過が1:18'24。目標の3'55ペースの1:18'20から4秒遅れ。細かいアップダウンで疲れが出始めた頃。

3方向からのランナーが交わる蔵前一丁目交差点を左折し江戸通りへ。左側に長い給水テーブルが続く。

家族と言えども見つけるのは至難の業。前回役に立った風船が目印。目線を斜め上にし必死に探す。見つからない!駅を通り越し、ガード下をくぐると一瞬暗くなる。

パッと明るくなり、再び左側に目をやると、発見!家族の顔をはっきりと認識した時は真横を通り過ぎていたので、振り向きざまに家族に向かって「あ~」と声を出す。

滑ってずっこけた。妻「きゃー」と叫ぶ。娘パニくったのかボトルを落とす。息子きょとんとしてる。

・・・。

ちょっと戻ってボトルを拾い上げ、ありがとう!と言って走り出す。

一瞬の出来事だったけど、まるでスローモーションのように思い出せる。

到着予定時刻はもちろん伝えてあり、ずれてはいない。でも、応援に慣れていないと見つけ出すのは大変だ。

暫くの間、妻は向かってくるランナーを凝視し、娘はボトルを高く掲げ、息子はメガホンでガンバレと叫び続け、皆疲れてちょっと気を抜いた時に、僕が表れたらしい。

息子が朝に言っていたことは、そんな状況を上手く表現していた。

誤算はこの風船。ギャグか(笑)。ちゃんと確認しなかった僕のミスだけど、これじゃ目印になるわけがない。

何はともあれ、無事受け取れたし、グッジョブ!雨で寒い中、ずっと待ち続け、応援してくれただけで嬉しい。

ところが、直後にとあるハプニング発生!

続く。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR