忍者ブログ
02 March

【東京マラソン】 設楽選手の激走に映りこんでいた!


東京マラソンのレポも終わったので、さくっと2月の振り返り。走行距離は230.7km。主な内容は、4W前40km走~30km~15km~10kmのテーパリングで、既にブログに書いてきたので、省略(笑)。

レース後の筋肉痛は、特に太もも、丸3日間も続いたemoji 右足首の内くるぶしが痛い。

emoji emoji emoji emoji emoji emoji
レースが終わり4週間の禁酒からやっとのことで解放。アフターでビールと焼酎を飲んで、月曜にはセラーからとっておきのフルボトルを選んで、ワインも解禁emoji

チーズにパン、そして録画ビデオ。結果は分かっているとはいえ、ワインを飲みながら設楽選手の歴史的快挙の走りをまじまじと見る。なんとも幸せなひと時。

途中で流れた選手紹介のインタビュー、ここまで自信持って言い切っていたことを知り、驚く。

印象的だったのは、ペースメーカーを務める村山紘太選手がちらちらと視線を送り、両者がアイコンタクトしているように感じられたこと。10,000mとハーフの日本記録保持者の共走が、フルの新記録につながった。

既に2位になっている設楽選手に並走するバイクカメラに、映像が切り替わる。

反対車線側の、白とオレンジのウェア、オレンジのシューズのランナー。見覚えがある。

このランナー。

僕です!自分しか分からないし(笑)、自分だからこそ気付いた。

白いウェアのランナーが目に入り、まじ!?って一瞬ビックリしたのを覚えている。映像でも、カメラ側の設楽選手に顔を向けていることが確認できたぐらいだ。

念のため、検証。応援navi上でふたりを走らせる。うん、やっぱり間違いない。すれ違った時間も一致している。

日本記録が16年ぶりに更新された同じレースを走れたのは、記憶に残る。さらに、ほんのわずか10秒という時間、同じ映像に収まるというのは、奇跡に近いと思う。

もってるかも!?

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR