忍者ブログ
14 November

僕のVO2 Max


今朝の体重56.1kg。

水戸の当日は56.4kgで、最軽量でのレースとなった(関連記事はこちら)。

サブスリーの連載で挙げた、魔法の数式「身長-110」が適正体重というお話(こちら)。僕の場合58kg。

昨年つくばではカーボインし過ぎてemoji58.5kg。通常、やはり58は超えたくないなとの抑止力が働き、結果的には57~58未満に仕上がっている。

で、水戸の時にどう感じたか?なんだけど、脚がベストな状態ではなかったし、よく分からない(笑)。

ということで、僕自身の結論は、56以上58未満ならOKemoji

emoji emoji emoji emoji emoji
ランナーお馴染みVO2 Max(最大酸素摂取量)のお話。

ガーミンだと、最大心拍数に対して、どれ位の心拍数でどれ位走ったかで計算しているんだと推測するが、言わずもがな、心拍数の測定データが正確でないと意味がない。そう、Garbage In, Garbage Out(詳しくはこちら)。

235Jは手首で心拍数を計測できるが、ま~当てにならないemoji 乳ベルトは相対的に精度が高いと思うが、それでも誤差・異常値はつきもの。

それでもなお、点ではなく線で見れば、有効な参考値にはなりそうか。下グラフは、Garmin Connectで確認できる直近6か月のデータ。

トレンドとしては、なんとなく当たっているような気がする。

故障で僅か86kmだった5月。徐々に通常モードにシフトしつつ、6月は170km。7~8月はスピード練習やLSDなどをバランスよく織り交ぜ、距離もそれぞれ270kmと走りこめた。

その期間、VO2 Maxは、50から60へと上昇。

ところがどっこい、9月になると、今シーズンはロング走が不調で、なんやかんや水戸まで引きずってしまい、VO2 Maxも減少。

水戸が終わって脚が「リセット」されてからは、調子が上がりつつある。それが、VO2 Maxにも表れているような気がする。

VO2 Maxが60って、フルのタイム予測が2時間43分台だから、ぶっちゃけ不正確じゃん!?とは思う。ってオチにしたら元も子もないので(笑)、長い目で見た場合の調子のトレンドというか、最近の上がり具合ってことで、勝手に納得・・・。

emoji emoji emoji emoji emoji
僕は距離を補うため、タイム向上のためのデータ分析が好きなほうだと思う。ブログでもグラフとか多用しているけど、そもそも理系ではない。数字ではなく、感覚も大切だと思っている。

emoji emoji emoji emoji emoji
さて、今夜はいつもの疲労抜きジョグ。それ自体、面白くない練習だけど(笑)、水曜のプチ・インターバル、日曜の最後のポイント練習に向けて、丁寧に走ろうと思う。

更新の励みになります。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR