忍者ブログ
29 June

【連載】 サブスリーのために取り組んだ5つのポイント~その③


ついに・・・
[​IMG]
ブログ村ランキング、10位emojiemoji ご愛顧ありがとうございます。
emoji emoji emoji emoji emoji
さて、3つ目のポイントは「身長-110」。そう、ランナーお馴染みの,
魔法の!?数式。

例えば身長170cmなら、マラソンにおける適正体重は60kg前後というもの。本当かね~?

僕の場合、58kg前後。僕がこのフォーミュラを知ったのは、随分前のことで、ふと不思議に思ってググったのがきっかけ。これを見て頂きたい。

走るきっかけとなったダイエットに成功し(マイナス7kgぐらい)、緩やかにもっと体重が減っていくのかと思いきや、一定の体重前後をいったりきたり(冷静に考えれば自然だけど)。

それが、57~58kgだった。

不思議に思い、適正体重ってのがあるのかなと思って、辿り着いたのが、その数式だった。これ、作り話ではないemoji

サブスリーを目指した湘南国際2012。当然、58ぐらいになるように調整したし、上手くいった。

以来、夏になると減って、冬(特に年末年始)に増える傾向にあるという、季節変動があることも分かった。

レース前は、カーボローディングしながらの体重管理。カーボアウト時55~56、当日に58前後になるようにカーボイン。


emoji emoji emoji emoji emoji
では、日本を代表するアスリート達はどうなんだろう?ロンドンの世界陸上代表選手(☆付)と、東京マラソンのエリート招待選手のデータを拾ってみた。
「世界陸上 日本代表 マラソン」の画像検索結果 「世界陸上 日本代表」の画像検索結果

マラソン選手はみな、110よりも大きいことが判明(=適正よりも4~5kg軽い体重)。特に女子代表は顕著で、4~9kg。興味深いのは、かの有名な最強女子市民ランナー鈴木莉紗選手が、111。

ちなみに、短距離選手は、やはり強靭な筋肉が求められるからか、平均でみると108だが、先日の日本選手権を制したサニブラウンと、2位の多田はピッタリ110!

そういえば、サブ40のフジヤマさん、確か110よりも大きい(=エリートに近い体形)と言ってたような気がする。「Tomさんも、あと2~3kg絞れますよ」って言われたけど、その理由はそういうことなんだろうなと思う。

練習内容しかり、自分にとってベストな体重も個人差はある。しかし、身長-110って、恐らく膨大なデータに基づいているだろうし、それなりの科学的な根拠があるはずで、一定の基準になることは間違いない。

走る練習だけでなく、日々の体重管理も、サブスリーには重要な要素だと思う。

更新の励みになります。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR