忍者ブログ
26 July

【連載】 サブ55のために取り組んだ5つのポイント~はじめに続編


まさかの「はじめに」続編(笑)。

サブ55の連載もやりま~す、と言ったものの、間が空いたのは、3つ理由がある。

まず、サブスリーの連載が終わってからは、つくばのエントリー、東京マラソンのチャリティ・エントリー、浦安LSD、葛西セブン、などなど、盛りだくさんだったから。あと、勢いでemoji宣言したものの、サブスリーのハードルに比べれば当然インパクトは弱い。最後に、そもそも、参考になりそうなポイントがあるのか、正直迷っていた。

自分のブログと練習記録を振り返った。僕がこのブログを始めたのは、2014年12月。そう、当時のPBは2:55:56で、まさにサブ55を目指していた頃。1月に調整の勝田、2月の東京を走る前だ。

驚愕の事実に気付くemoji サブ55でブログ内検索をしてみたが、当時の記事があまり引っかからない。僕は、55分切りとか55分カットという言葉を使っていた(笑)。

何故だか分からないけど、サブ〇って、4とか3の時に使うと思っていたのかもしれない(笑)。

結論は出た。僕なりのポイントはあると思えた。

初サブスリーから、2年4か月。長いのか短いのかは分からない。初サブスリーから1年後の湘南で3:00:46と撃沈。1週間のムンバイ出張から帰国して6日後のレースで、気温の変化に体が追い付かず疲労がたまってしまった。

そんなことがあり、開き直って走ったつくばで、2:55:56と一気にタイムを縮められたが(しかも初のネガティブ・スプリット!)、単に運が良かっただけ。その後のタイムが物語っている。

emoji emoji emoji emoji emoji
ところで、サブ55の壁って、他のランナーはどうだったんだろう?

例えば、この方。ご多分に漏れずサブスリーまでは苦労されたものの、初サブスリーがなんとサブ55!その後、半年もしないうちに、サブ50どころかキロヨンカットemoji エイジレコードも成し遂げ、憧れの中年の星emoji

そして、この方。初サブスリーからサブ55まで、僕と同じように2年以上かかっている。もっとも、サブ50達成済みで、今は僕が追いかけている状況。そう、共にサブ55を目指した、僕の永遠のライバル(運命的な馴れ初めemojiは是非こちらへ)。

そして、この方。サブスリーの1年後にサブ55。現在、57歳にしてサブ55に再挑戦emojiされている。故障から復活中で、この時期に凄まじい練習をこなされている、屈強の精神の持ち主。

みなさん、マラソン・ランキングでそれぞれトップ100入り。

emoji emoji emoji emoji emoji
話を自分に戻す。板橋Cityでは前半ハーフ1:27:35(平均4'09)と、当時のベスト。ところが、名物の後半ずっと向い風というコースに撃沈。

心機一転迎えた、4年目シーズン、2014年。湘南とつくばで結果を出せず、さすがに凹んだし悩んだ。年明けに、勝田→東京→横浜が決まっていたので、練習内容を見直した。2014年大晦日のブログで、こう書いている。

「距離を大幅に増やすことは現実的に難しいため、内容を見直して、なんとかフルで2時間55分を切りたい」

何をどう見直したのかが、今回の5つのポイントに含まれるわけだが、1月に調整で走った勝田はネガティブ・スプリットで走れ、好感触を得た。

そして、臨んだ東京マラソン。2:55:25と僅かに及ばず・・・。この時もネガティブだったが、完全なペース配分ミス。

当初はファンランの予定をガチに変更し、その3週間後に挑んだ横浜で、2:54:59。ギリギリでサブ55達成emoji

僕のサブ55までの道のりは長く、険しかった(笑)。だからこそ、伝えられることがあるかもしれない。

更新の励みになります。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR