忍者ブログ
30 January

【東京30K】 運命的な出会いに感謝・感激・感動


「Tさんですか?」
ついに、端くれブロガーとして、ときめく瞬間emojiemojiが訪れた。

自分は絡みやすいタイプの人間じゃないことは、薄々(←強がりw)分かっている。それなのに、こうして声をかけてくださった男性。

スタート30分ぐらい前。念のためもう一度トイレに行っておこうとするも、さすがに大行列で、踵を返してテントに戻ってきた時だった。
 
「あさじろです」

落雷に打たれたような衝撃emoji(って、打たれたことないけど)。
----------------------------------------
あさじろさん(以下、Aさんと省略)とのブログを通じた交流は、こんな超奇跡的な瞬間から始まった。

2年前の東京マラソン2015。知り合いが佃大橋の後の、豊洲に向かう春海橋で応援してくれ、写真を撮ってくれた。レポでこの写真をアップしたところ・・・。

『初めまして。自分と同じような目標を持っている人のブログを探していてたどり着きました。自分も東京マラソンを走り、ほぼ同時にゴールしたようです。しかもブログの写真に自分も映っていて(黄色)びっくりしました。自分も今年40歳、15日にまた地方でフルマラソン、少しモチベーションが下がっていましたが、なんかやる気が出てきました。勝手にライバル意識を持たせてもらいます(笑)お互い怪我に注意し頑張りましょう。』

と、コメントくださった。

僕の記録2:55:25、グロス2:56:34。Aさん、2:55:24、グロス2:56:32。フィニッシュの差は僅か2秒emoji

以来、僕のブログで最も多くコメントしてくれるようになり、切磋琢磨する良きライバルとなった。

『確実に自己ベストを更新していく様子を見ていつも刺激を受けています』と言ってくれた。僕が故障している時にはいつも励ましてくれた。僕も、ネットの向こうのライバルに、同じようなメッセージを送った。
----------------------------------------
まさに奇跡や偶然が何層にも積み重なって知り合えた。

同じ東京マラソンを走ったという偶然。定点を同じタイミングで通過するという偶然。僕のブログを見つけてくれたという偶然。同い年という偶然。同じ目標を持っていたという偶然。

そして30Kの日、テントが見つかったという偶然。そもそも、Aさんは翌日の勝田を走るために北陸から上京。金曜日にたまたま東京出張が入ったので、土曜日はフリーの時間ができたという偶然。
----------------------------------------
タイムでは、僕の方が先にサブ55を達成し、PBは52分台に達した。目標にされることは、ランナーとしてこの上ない喜びだ。ところが、Aさんは、昨年10月の富山マラソンで、PBを4分半以上更新して2:48:50、いきなりサブ50どころかキロヨンまであと4秒という、とんでもない記録を叩き出した。

BTW
どうでもいいことだが、その前日の10/29に「明日は全国でフルマラソン大会」という記事で、各マラソンのロゴを上下に並べたのだが、大阪の下に富山を配置したのは、本当は富山が一番気になるけど、なんだか意味深なので、メジャーな大阪を上にした方が自然かな、という照れ隠しだったりする(笑)。

BTW
これまたどうでもいい余談だが、Aさんの記録に刺激を受け、その翌日の30kmの練習は流石に気合が入った。4'10の計画に対し、4'06でクリア。その頃、確かに調子は上々だったものの・・・、

ブログで「つくばでサブ50、イケそうな気がしてきた」「コンディションさえちゃんと調整できて、当日の気象条件が著しく厳しくなければ、射程圏内と言えるだろう(←言っちゃう!?)」と、今振り返れば、Aさんに追いつきたいという強がりだったのかもしれない。

ちなみに、Aさん、昨日の勝田では、安定の粘りで49分台。ハーフでは随分前から、80分切りが当たり前。いつかサブ50の同じ景色を見てみたい。そして、またお互いを高めあえたらいいなと、本気で思っている。
----------------------------------------
実は、Aさんは木曜日にブログで「明日から出張で東京へ」と書いていた。恐らく移動中か何かで記憶に残らなかったか勘違いしたかで、金曜に東京入りしていると気づいたのは、ブログに再訪した金曜夜emoji 

時すでに遅し、「勝田がんばってください」と色気のないコメントを送るのが精いっぱい。

金曜夜なんだし飲みに誘うとか、東京を案内するとか、なんのオファーもできなかったことが悔やまれた。

返信がきて、夜は仕事の懇親会があったことを知り、少しほっとしたのが正直な気持ち。「東京30K時間があれば覗いて行きたかったのですが、ちょっと無理そうです」とあって、社交辞令であってもその気持ちというか心遣いは嬉しかった。同時に、そういう類のお誘いができなかったことが、非常に心残りだった。

とまぁ、前日にこんなやりとりがあったので、Aさんが現れた時は、かなりのパニックemoji
----------------------------------------
会うべくして会ったとしか考えられないemoji 2人はいつかこうして、固い握手を交わす運命emojiだったのだ(笑)。

出張で都内にいるとはいえ、30Kの大島小松川公園まで結構な距離。河川敷だから周りに観光する場所なんてないし、勝田までこれまた遠いし。最悪、会えないリスクだって十分にある。それなのに、こうしてサプライズで会いに来てくれて、そりゃ有頂天になるし大興奮emoji

ブログやっててよかった。

あさじろさん、本当にありがとう!
----------------------------------------
黄色がトレードマークのイケメン、そんなあさじろさんのブログはこちら→「痛風予備軍のラン日記」。ハーフ・サブ80、フル・サブ50ランナー。是非check it out!

2人の奇跡的な出会いに、ぜひ祝福クリックお願いします!
 
PR