忍者ブログ
09 November

脚が「リセット」される感覚


「〇〇さんは、ビフォアとアフターでそれほど変わってない。珍しいよ。センスがいいんだろうね。」

昨夕、IMS治療院の先生に、そう言われた。前回鍼を打ってもらったのは10/20で、水戸の9日前。昨日は水戸の10日後だから、ほぼ同じ間隔だ。

毎回、10分ぐらい時間をかけて体の調子や練習状況を伝えた後、鍼を打ってもらっている。

話の流れからしても、褒め言葉として受け取ったが、フルを走って、更に1週間後に30km走って、脚が相応のダメージを負っていないってことなのか?回復が早かったってことなのか?

確かに、治療前に書いたブログでも、前夜の疲労抜きジョグとストレッチが効いたのか、脚は軽いと感じていた。昨日が10回目の治療だったが、脚の状態は一番良かったかもしれない。

まぁ、水戸はタイム狙いのガチではなかったし、稲毛30Kも4'27ペースだから、いい意味で、脚がリセットされたのかもしれない。

「脚がリセットされる」という表現が適当かどうかはともかく、シーズンオフから明けて、フルのレースを1回走ることで、疲労がマックスになり、回復する際に一切合切の疲労物質が流れ出る?ような感覚。

水戸での追い込み不足を先週の30Kで、脚に追い打ちをかけたような感じで、ようやくリセットされた気がする。

この観点からいえば、水戸の結果はともかく、そもそもの目的は果たせたemoji

そう、昨シーズンは1発目が本命つくば。やはり、その前にフルを走っておいたほうが良いと考え、今回、水戸を選んだ。

理由は、前にも書いた通り、3~4週間の連戦となるレースで、記録を上回ったことが多く、1発目がそのシーズンのPBにはなっていないという事実があったから。

emoji emoji emoji emoji emoji
今夜は久々にインターバルをやろうと思っている。今さら持久力の向上は見込めない分、せめてスピードは磨いておきたい。でも、疲労を残したら本末転倒なので、3kmだけ。あとは、疲労抜きジョグ。

前回やったのは9月中旬。3'29 3'28 3'30 3'31 3'27。今日は3'25でやってみようかな。

更新の励みになります。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR