忍者ブログ
03 August

夏合宿レポート その3


続き。

トラックでは既に高校の陸上部や小学生の陸上クラブが練習を始めていた。ウェアは、adizero techfit、adizeroランパン、adizero takumi ren。スピード練習の時の鉄板コンビネーションだ。

生命の森での最初のメニューはヤッソ800に挑戦。つくばの目標タイムが2時間50分切りなので、800mを2分50秒(3'32/km)2分50秒のレスト400m(7'04/km)、これを10本

まず、2周ほどアップ。日差しが強くジリジリする。ホームストレートで向かい風となる。ガーミン235Jはインターバル・モード。経験上、トラックだとGPSが狂う傾向にあることは分かっているので、ラップ計測は自動にせず手動、レスト区間は2分50秒のタイムという設定にした。

本番前に更にウォームアップ1周。そして、目印となる起点を決めていざスタートemoji (以下、トラックは2周して800m走ったが、ガーミンのデータでは誤差あり)

①本目、ペースをつかむのに苦労するが、2'44でクリア。レストは2'50かけて1周すればいいのだが、ちょい速めになってしまい500mほど走ってしまった。距離がオーバーすることは気にならないが、問題はスタート地点がずれること。疲れてくると覚えていられなくなる。

②本目、同じく2'44。3'35/km前後だとガーミンでペースを見ながら調整する余裕は、あまりない。

③本目、2'55でちょいオーバー。ピッチや呼吸のリズムが合わず余裕がない。最初のスタート地点からズレたので、レストの距離を縮めて調整。

④本目、3'00。1周目はペースを維持できるが、ズルズルと遅くなり、向かい風となる最後の100m程で更に失速、というパターンに陥る。正直キツイemoji 長く休憩したら意味がないのでサクッと給水。

⑤本目、2'48。水分補給をしたので復活。
 
⑥本目、2'57。やばい、もはやキロヨンペースまで落ち込んだ。1週間前は3'58/kmで10kmを楽に走れているというのに、もはやいっぱいいっぱい。

⑦本目、2'59。ちょうどキロヨンのペース。どう足掻いても、もう追い込めなくなった。いや、気持ちとしては追い込んでいるけど、カラダがついてこない。スピードに乗れないもどかしさ・・・。

⑧本目、3'06。既に心折れて、消化ラップ。

⑨本目、3'04。消化ラップ笑。

⑩本目、3'00。最後の意地でがむしゃらに走るも3'46/kmペースで終了emoji
 
心拍データを見ると、撃沈模様が顕著に表れている。7本目以降(経過時間にして36分以降)、心拍が全く上がっていないどころか緩やかに減少。疲労してスピードを出せない時の典型的なパターンだ。

800m疾走時の平均ピッチ数は186~189と安定していたが、スピードが落ちているのでストライドは131cm~148cmと差が大きい。
人は確かに多かったが極端に走りくいほど混雑はせず、ほぼ1レーン~3レーンを走ったのにもかかわらず、ガーミン君の軌跡を見るに、とんでもないことになっている。
 
この手のインターバルをやるには、誰かにストップウォッチでサポートしてもらうほうが効果的なんだろうなと、当たり前のことを思った。

意気込んでヤッソ800にチャレンジしたものの、ものの見事に撃沈して失敗に終わり悔しい。数日前に梅雨明けしたばかりで、30度近い炎天下でいきなり負荷の高い練習をしてしまったことがマズイ。まぁ、そんなのは言い訳でしかない。

いつかリベンジしたい。

レポートを引っ張っておいて情けない結果だね!叱咤激励クリックお願いしますemoji
 
PR