忍者ブログ
28 January

Tom、ズームフライ フライニットに浮気したってよ


昨日の夢の島公園、強烈な風で肌寒い。ガーミンでは6度とあるが、体感温度はもっと低い。

8年間ずっと履いてきたアディダスから浮気しemoji、厚底ブームに乗っかりズームフライ フライニット(ZFFK)のデビュー。

東京マラソン5週間前、スピード持久力強化のための15km走、設定3'50。

いつものJapan Boostでしっかりアップしてカラダを温めてから、ZFFKに履き替える。

これが噂に聞く脚が勝手に前に出る感覚か。着地は当然柔らかい。アッパーのフィット感はあるが、踵がちょっとおぼつかないのでしっかり目に結び直す。

記念すべき初ナイキ初ZFFKでGO!

出だしは、着地ポイントを探りながらやや慎重に走る。とにかく風がビュンビュン吹いていて、ペースをキープするのもひと苦労。

難しく考えず自然な足さばきを心がけ、いつも通りのストライド走法。ミドルからフォア気味に着地し、ソールに埋め込まれているカーボンプレートから反発力を得て、前足部の反った部分から抜けるイメージ。

強風の影響でラップが乱れたが、57'28で設定の3'50クリア。

5km毎のデータは以下の通り。

3'51 3'52 3'50 3'52 3'53
(19'17、平均3'51)

3'51 3'52 3'47 3'51 3'49
(19'09、平均3'50)

3'46 3'52 3'50 3'46 3'49
(19'02、平均3'49)

ピッチは驚きの173で、ストライドは151cm。

過去データで、しっくりくる比較対象は:
つくば2週間前の15km走。58'11、3'52、ピッチ174、ストライド148cm
足立フレンドリー1週間前の15km走。56'48、3'47、ピッチ176、ストライド150cm

少なくとも、①よりは楽に走れた。ストライドで比べると、僅かではあるもののZFFKの恩恵があったのかもしれない。

散見される踵の靴擦れ、僕はは大丈夫だったが、気になったのは足裏へのダメージ。着地部分が衝撃で痛みを増してくる。もっとも、これはJapan Boostを履いていても起きている問題なので、対策法はある。

総じて、疲労具合とか気象条件からすれば、1発目としては悪くない印象を持てた。

まだまだ慣れが必要だけど、今までとはちょっと違った走りの感覚が楽しいと思えたのはプラス材料。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR