忍者ブログ
27 January

asizero sub 2を履いてみた!


東京マラソンに向けたポイント練習。先週は東京30Kだったので、距離を落としてスピード持久力の強化。設定どおり3'50でクリアemoji


emojiemoji emojiemoji emojiemoji
昨日の続き。

Japan boostで満足していたし、僕には高嶺の花だと思っていたadizero sub 2、満を持して初めて手に取り足入れしてみた。

「お?おおっ!」無駄が削ぎ落とされ、boost素材も薄くなり、ホントに軽い。でもアッパー素材はしっかり目でむしろ硬いか。

Japan boostと比べると、同じサイズでも内部は若干小さめの作り。3本線は上からプリント?されているのか更に硬い。この部分にちょうど小指が当たって痛い。

「あれれ?」

いくつか違うサイズを試させてもらい店内を歩いてみたが、なんかしっくりこない。この違和感に困惑した。

履きなれたJapan boostの延長線にある最高峰のシューズだと勝手に抱いていたイメージが、もろとも崩れた。

僕は選ばれなかった。走ってもいないので判断材料が揃っているわけではないが、直感的にそう思わざるをえなかった。

うっすらとあった不安。それは、市民ランナーでsub 2を履いて速くなったというのを聞いたことがない。箱根駅伝ではsen boostを履いた選手は多いものの、sub 2は見かけない。

お店の人からは「ぜひ先駆者になってください!」と乗せられそうになったが、そんな気分にはなれず。

Tom、窮地に立たされる(笑)。買う気満々だったのに。あまりに期待値が大きかっただけに、実際のフィーリングとのギャップを埋めるような納得材料に乏しく、sub 2は諦めるしかないかなと思い始めたemoji

emoji emoji emoji emoji emoji
これも何かの偶然か、それとも必然か。2階は本家ステップスポーツだ。ここまで来たんだし、本命にフラれた悲しみを胸に、冷やかしのつもりでアイツに触れてみた。

これが、噂のあれね、ズームイン朝?海老フライ?だっけ?

ディスプレイのシューズがちょうど自分のサイズっぽかったので、ちょっかいを出してみた。

「お?おおっ!」

好みのタイプじゃないし眼中になかっただけに、その衝撃はあまりに大きく、全く予想していないサプライズとなった。

足をぴったりと優しく包み込むフライニット素材。乗りこなせるかどうかは分からないけど、乗り心地は悪くない。

ズームフライ フライニット。

「私を買ってemoji」と、motoさんは微笑みかけられたようだけど、その気持ちがちょっと分かった(笑)。

アディダスを裏切るのか?世間の厚底ブームに乗っかるのか?そもそも自分に合っているのか?もの凄く自問自答を繰り返し、葛藤した。

でも、この場所に来たという偶然だったり、シューズとの出会いにも一期一会があるのだとしたら、それを信じてみようと思った。

まぁ、決め手となったのはこのカラーリング。僕のテーマカラーだと思い込んでいるオレンジの色合いがたまらないemoji黒との組み合わせで引き締まって見える。

Japan boostとすごく似ている。

まさかこんな結末が待っていようとは、ホント自分でも想像だにしなかった。

走った感想=今日のランのレポは、明日にでも。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR