忍者ブログ
02 November

【湘南国際2011】初レース


文化の日と言えば湘南国際マラソン(だった)。昨年から12月の第一日曜日に変わってしまい、また、東京を走ることに決めたので、今年はエントリーせず。

僕にとっては、初フルレース、初サブスリー、撃沈でサブスリーに47秒届かず悔しい思いをしたレース、サンタクロースでサブスリーを目指したレース(笑)と、非常に思い入れのある大会。

前振りが長くなったが、この時期になると必ず思い出す、初フルレースを振り返ってみたい。

2011年からジムのトレミで走り始めて、初フル挑戦の場としてエントリーした湘南。10月までの月間平均距離は、なんと116kmだemoji 今思うと、よくそれでサブ3.5で完走したなぁ、と思う。

直前1か月なんて、こんな感じだemoji サボっていた訳では当然なく、当時の僕にとってのランニングは、まだこの程度の優先順位・定着度だったのだemoji
 
無謀にも、4日前は猪苗代湖ハーフを走った。わざわざ会津若松で前泊してemoji なぜか?それは、翌年の東京マラソンの先行抽選結果発表の直前に、東京マラソン財団が共催するこの大会の案内が届いて、エントリーすれば当然確率が上がるはずだと単純に考えたからemoji(実際、当選した)。もちろん、4'50ぐらいのファンランで完走。

そして、いよいよ前日。当時ようやくつかまり立ちができた頃の愛娘に見送られemoji、夕方にこだまで小田原へ。東京からであれば当日行くことも不可能ではないが、万全の態勢で臨みたいので前泊を選んだ。

夕食はごはんemojiをガッツリ食べるべく餃子の王将。以降、5年連続、同じ場所で、同じメニューを食べるというゲン担ぎにつながったemoji

最低限の目標は、歩かないで文字通り完走。途中で歩いたり止まったりしようものなら、後悔して後々に響くだろうから、完走だけは死守したい。タイムはサブ4で、狙えればサブ3.5、という非常に曖昧かつザックリとした目標emoji 

スタートはDブロックで、タイムロス約10分!走り始めると、もう楽しくて仕方なく、終わってみれば3時間26分20秒(ネット)で、デビュー戦でサブ3.5達成emoji 結果論として目標設定が甘かっただけだが、なんとネガティブ・スプリットemoji

オールスポーツの写真データは勿論購入emoji 






 
最初に湘南を選んで本当に良かった。運営は抜群だし、沿道の応援も多いし、比較的走りやすいコースだし、街全体で盛り上げようとしているのが分かるあの雰囲気も好きだ。


長文にお付き合いいただきありがとうございました。初フルって思い出になりますよね。
これからチャレンジするランナーの皆さん、頑張ってください!
更新の励みに、応援クリックお願いします!
 
PR