忍者ブログ
22 November

【つくば】 あと63秒をなんとかしたい!


今朝の体重54.7kg。順調だ。水戸の3日前と同じ。


emojiemoji emojiemoji emojiemoji
僕のPBは、今年の東京マラソンで出した2:51:02。サブ50まで、あと63秒。
 「63」の画像検索結果
これが長いのか、短いのか。日常生活においては、ほんの僅かな時間かもしれない。

達成の可能性について、定量分析を排除し、過去データを用いてどうこう(=レースプラン策定)する前に、この時間と距離を感覚的につかんでみた。

63秒。

それは、例えば、美味しい餃子を焼きたいなemojiと思って、YouTubeの動画「羽根付き餃子の作り方」を見る時間、だったり。

とある格闘技マッチで1本勝ちに要した時間、だったり。実況アナウンサーが、瞬きしている間に決着がつきましたね~なんてコメントしたかもしれない試合。

はたまた、夜のペアマラソンemojiのラストスパートと同じぐらいの時間、だったりemoji

話がそれた。いや、近づいたか(笑)。

これが、マラソンとなると、たったの63秒、では済まされない。確かに、全体タイムからすれば1%以下かもしれない。また、キロ当たり1~2秒早く走るだけじゃん、という短絡的な発想もありだ。

ところがどっこい、すっとこどっこい、緻密なプラン(笑)に基づき適切と思われる設定ペースで走る以上、無理があると、たとえ1~2秒であっても、後でほぼ確実にツケが回ってくる。

それに、ゴールが近づくにつれ、ペースを維持することのハードルが高まる。

距離にして考えたら、どれぐらいだろうか?ラストを4'15/kmペースで走ると仮定すると、ざっくり250m。

つくばのコースに当てはめると、42kmの距離表示を左前方に捉え始めた頃。すぐに左折して陸上競技場へと入っていく辺り。

左折後、緩やかに右にカーブしてトラックへと入る。

樹があるので、ゴールゲートが視界に入るかは覚えていない。ペーサーがいるとすれば、とにかく、それぐらいの間隔だ。

直線であれば、当然視界emojiに入る距離。

もっとも、ラストのきつい状況で、この差を埋めることは現実的ではないが、それぐらいの距離なんだ。

って、考えると、あとちょっと!という気がしてきたemoji

emojiemoji emojiemoji emojiemoji
最近、調子が上がってきている。体調が崩れる気配もない。やることはやった。あとはメンタルの問題だ。

待ってろ、つくば。

更新の励みになります。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR