忍者ブログ
31 October

【レポ②】 水戸黄門漫遊マラソン


(続き)

~30
<21'14 avg. 4'03>
[4'03 3'59 4'06 4'02 4'05]
30kmのキロヨン通過プランではなく、体力を少しでも温存しつつ、フルをしっかり走りきることに目標変更。30km通過は、手元で2:00:37。PBを出した2月の東京とほぼ一緒だったことに、気をよくした。

これが、迷いをさらに助長させることとなった。

「助さん」を裏切ることになってしまった(笑)。

~35
<21:30 avg. 4'18>
[4'19 4'15 4'11 4'22 4'22]
ところがどっこい、レース中の中途半端なプラン変更は、ろくなことがない。

31kmは上りで、脚が削られた。30kmの壁にぶち当たったようで、太ももとふくらはぎが徐々に痛み出すemoji 自分で方針変転換しておきながら、後悔する(笑)。

やっぱり、ふくらはぎの状態が芳しくない。故障の一歩手前なんだろうなと思う。脚の痛みが急ピッチで膨れ上がる。この感覚は、今までのレースであまり感じたことはない。

仙波湖の周りは、意外にも走りにくかった。なんとなく路面が硬い。アスファルトとは違う感じがした。水溜りもあるし、体力の消耗が早まった。

~40
<22'29 avg. 4'30>
[4'26 4'25 4'32 4'37 4'29]
なんだよ、結局、想定通りの4'20~30ペースになり、このざま。せめて、サブ55でまとめられるように、必死に食らいつく。

トンネルは緩やかな下りで走りやすかった。ここにもたくさんのボランティアがいて、暗い中、声援を送って下っていた。本当に頭が下がる思いでいっぱいになる。

どの辺りだったか覚えていないが、つくばで有名なロッキーおじさん!ありがたいemoji

~ゴール
<9'54 avg. 4'31>
[未計測]
そして、来ました、ついにやって来ました、41kmの表示から始まる、名物のあの坂。

ちっとも進まない。まるで階段を上がっているかのような進み具合。気持ちでは走っているんだけど、傍から見れば歩いているスピードと変わらない。

納豆食べてたとしても、粘れるわけがない(笑)。

坂が終わり、平坦な街中。ラスト、少しだけスパートしてゴール。

2:54:31、平均ペース4'08。なんとかサブ55は死守。

emoji emoji emoji emoji emoji
走り終えると、とにかく寒い!サブ3目指してゴールしてくるランナーを見届けたかったけど、身体がブルブル震えだしたので、テントへとそそくさと戻る。

ジョグする体力は微塵もなく、脚は痛いし、雨は冷たいしで、テントまでの道のりは、本当にきつかった。

そして、大惨事発生emoji

いや、予想はしていた。このテント、防水仕様ではない。雨漏りすることは経験済みだったので、テント下に敷いているレジャーシートを上にかぶせて、一応の対策はしておいた。

ところが、シートのサイズが十分ではなく、テントを完全には覆いきれず、端から雨が滴り、テント内が水浸し(笑)。泣きっ面に蜂。

取り敢えず避難しようと周りを見渡し、校舎の軒下に荷物を移動。急いで着替えて、荷物をまとめる。更衣室エリアに行って知り合いに会いに行きたいなと思うも、早めに帰宅しなければならず、後ろ髪ひかれる思いで、会場を後にする。

駅構内で、家族へのお土産をゲット。僕以外、納豆は大好きだ。干しイモは妻の好物。

ちなみに、僕はあの色・見た目・匂い・混ぜる音が苦手で、五感が拒否反応を起こす(笑)。もとい、口に入れたことすらないので、触覚・味覚は言い過ぎか。

寒いので、喫茶店に寄って小休止してから、車で帰路に着く。


emoji emoji emoji emoji emoji
結果として、30kmのキロヨン作戦は未達。チャレンジするどころか、途中でプラン変更。たしかに雨は降り続けたが走りにくいほどではなかったし、風はかなり弱め。

やはり、9月からの30km走の積み重ねができていないことを痛感した。

シーズン1本目をサブ3ではなく、サブ55で走れた。だからと言って、安心感もなければ満足感もない。

大撃沈は免れたかもしれない。いや、撃沈に大も中も小もない。撃沈は撃沈だ。

つくばに向けてどう立て直すのか、しっかり考えたい。

emoji emoji emoji emoji emoji
最後に、台風が近づく中で、開催の決断をされた大会関係者、雨にもかかわらずランナーを支えてくださった多くのスタッフやボランティア、沿道で応援してくださった地元の方々、みなさま、ありがとうございました。

拙いレポにお付き合い頂きありがとうございます。
更新の励みになります。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR