忍者ブログ
12 October

つくばに向けてのPDCAもどき~その②水戸黄門コース


水戸をどう走るかを検討する上で、コースについて把握しておきたい。

全体図を眺めてみる。

・・・土地勘が全くないので、よく分からない(笑)。それより気になるのは、この高低図。

パッと見の印象、4カ所のアップダウンが曲者か。特にラストの登りが厄介な匂いがする。

公式HPでは、「
全体的に比較的フラットなコースの最後に待ち受けるのは最難関の坂。 納豆のような粘りで強く駆け上がれ!」とある。

いや、僕は納豆は食べないんだよね・・・。

ピンとこないので、こういう時、みなさまのレポが大変参考になる。確かに「激坂」という言葉が多いemoji 勝手ながら、コメントを抜粋・引用させて頂く(語尾等、多少の編集あり)。
  • 「本当に目印がなさすぎて、どこで何があったか思い出せない。コース高低図がだいぶアバウトなのでほぼフラットに見える図だが、 細かいアップダウンは図よりあるように感じたコース」
  • 「フラットだと思って臨むと精神的にちょっとキツく感じた」
  • 「40km過ぎに待ち構えているのが、だらだらと長い傾斜約8%(約4.6度)の上り坂が最後の難関」
  • 「ゴール前の坂はとんでもない!」
  • 「なんじゃこりゃ!!と言いたくなるような激坂が目の前に立ちはだかる。大げさにいうと目の前に道があるかのような急坂。湘南国際の最後の坂の4倍くらいの長さと負荷?距離にして500mくらい?」
  • 「高低差で言うと20mぐらい」
  • 「マンションなら10階くらいまでの高さを一気に駆け上がらないといけない」
  • 「ラスト2キロ弱地点ではわずか200メートルほどながらも超激坂がそびえ立っていて」
  • 「坂の頂上が見えないので、すごく長く思えて心が折れるのかもしれない」
  • 「足の残り具合によってはタイムが1分くらい変わるのでは。。。」
  • 「ゴール直前に旧気象台坂を上らせるなんて。コース考えた人間はマラソン知らない運痴か、異常なドSなんだろうな」
  • 「ゴール直前にキツイ上り坂があって、そこは歩いてる人も走ってる人もほぼ同じ速度だったみたい。この坂を経験した人で、来年のフルマラソン出場を辞めようと考えた人もいた」
  • 「古河はなももや、かすみがうらより、道路の傾斜(左右の落差?うまく表現できない)が気になるコース」
なるほど、なるほど。って、感心している場合じゃない。湘南のゴール直前の坂、5回経験しているから、よく分かる。その4倍の長さと負荷か・・・。キビシイemoji

ちなみに、waveさんのブログは、レース中の写真が豊富で雰囲気がよく分かるので、初参戦という方は、是非check it out!

さて、明日は、レースプランについて考えてみる。

更新の励みになります。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR