忍者ブログ
11 October

つくばに向けてのPDCAもどき~その①


秋の本命はつくば。

水戸黄門でサブ50を狙っちゃおうかだなんて、浮ついたことを最近考えたこともあったけど(笑)、35Kで撃沈かましたので、エントリー時の初心に立ち返り、水戸は「調整」と決めた。

いや、撃沈したからという、ひとつの事象が理由ではない。撃沈した理由が、さもありなんというか、当然の結果だと受け止めている。

ただ、どういう「調整」にするかは、つくばでベストな走りをするためには、とっても大事なことだ。「調整」と言っても、ファンランではないし、それなりのガチ度は求められる。

そこで、PDCAちっくなことをしてみようと思う。

つくばでサブ50に挑戦できる状態に持っていくために、①まずは先日の35Kまでの練習の成果と惨敗を踏まえ、しっかり見つめ直したい。

(今はまだ、つくばでサブ50を達成するために~という強い気持ちは、ない。せめて、挑戦できる状態に持っていきたいと思っている)

②初参戦となるので、みなさまのレポ等を参考に、水戸のコースを把握しておきたい。

その上で、③水戸を「調整」レースとしてどのように走るか、プランを比較検討する。

レースプランを決め、④それに沿ったトレーニングを実施。

という流れ。

emoji emoji emoji emoji emoji
【35K敗因分析】
先日の35K、30kmのキロヨン通過もできず、1月時点のPBの1分半落ち、2:22:14、ペース4'03。

レースであれば30kmをキロヨンで走る実力は持ち合わせていると思う。過去3戦クリアできているので、自分を過小評価するつもりはない。

昨秋シーズン、ほぼ計画通りに練習はこなせていた。

冬シーズンも、4週連続で30km走をこなして臨んだ30Kで、目標未達ながらも、キロヨンは切っているし、35kmのタイムは、今回よりもいい。

それに比べて、今シーズンはどうか。原因はともかく、30km走を順調にこなせていないのが現実だ。

今思えば、真夏に4'15で走れちゃったもんだから、9月からの走り込みで、ペース設定を急ぎ過ぎたような気もする。9/17は生憎の雨だったから仕方ないにせよ、15kmで終了。翌日にキロヨンでリベンジするも20kmを4'04。

9/24に、ふくらはぎがピキッたにもかかわらず無理して走ったのが良くなかったのかもしれない。

10/1に、自信を取り戻そうと4'12で走れたのはよかったが、本来であれば、4'05~4'07で走れていないと、キロヨンは厳しい。

原因は何か?

右かかとの痛み、足底筋膜炎は悪化はしていない(はず)。定期的なトリガーポイント鍼治療のおかげで、3週間全く走れなかった春に比べたら、大きな進歩だ。

気になるのはふくらはぎ。ここがダメージを食らうことは、今までなかった。シューズは変えていないので、走り方が変わったのか?との疑問があるが、考えにくい。

やっぱり、本質的には30km走の不調=持久力不足、ということなんだと思う。

これが35Kの敗因。

あと、本質ではないが、30km+5kmという発想。ブログで、ほぼ決まってそう書いていた通り、追加の5kmと捉えていた。これが、大きなミス。35kmなんだ(笑)。

極端な言い方をすれば、フルをハーフ+ハーフ、30kmをハーフ+9km、とかって捉えることは不自然だ。同様に、35Kは35kmであって、30+5では決してない。

よって、準備としてはフルと同じように、例えば、カーボローディングもすべきだったし、シューズもフル用のほうが適している。

次回は、水戸黄門のコースをちょっとおさらいしようと思う。

更新の励みになります。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR