忍者ブログ
14 March

古河はなもも レポート1

今日の東京は雨。昨日は今にも雨が降り出しそうな天気でしたが、もってくれてよかったです。

それでは、第4回古河はなももマラソンのレポートを書きたいと思います。自己ベスト更新(2時間52分15秒)なのでしばらく余韻に浸るべく、長めです(笑)。

レースを振り返る前に、備忘録としてまとめておきたい。

【 成功要因 】
・ 4週間の完全禁酒:フルマラソン前のルーティーン。自分を律することで、マインドをレースモードにできる

・ カーボローディング:通常であれば普段56~57kgで、レース当日に58kg前後になるのが理想。ところが、2月中旬~下旬にかけて体重がじわじわ増え続け一時期58kgに達してしまう。これはまずいと思い、平日ランチはカロリー控えめ+野菜多めを意識した。

レース10日前になって体重が落ち始めた(しかし、今思えば、これが後に風邪を引いた原因のひとつかもしれない)。1週間前から意識的に高タンパク質+低炭水化物。4日前の水曜夜にいきなりステーキでガッツリ肉を食べタンパク質補給完了。木金はカレー(ライス500g)、パスタ、うどん、おにぎり、お汁粉などの高炭水化物食。前日昼は餅3個入りうどん、間食にどら焼き、夜は焼き魚、野菜炒め、味噌汁、ごはん2.5杯。56→57.3kgとしっかり糖質をため込むことができたのだと思う。当日(食事前)はなぜか前日と変わっていなかったが、バナナ、おはぎ、デニッシュ2個、カステラを食べ、向かう車中でバナナ、ウィダーインゼリー、シリアルバー。それと、2週間前からアミノバイタル・クエン酸チャージ500ml、1週間前からアミノバリュー1Lを日中に細目に飲むようにしウォーター・ローディング。レース中もちろん補給はしたとはいえ、全くガス欠にならなかったので、カーボローディングが成功したと思える。
 
・ 週3回の筋トレ:1回僅か25分程度で基本的な内容だけど、しっかりと腕を振って走れたし、腹筋に力が入り向かい風でも大幅にペースダウンしなかったので、やはり効果があるのだと思う。

・ 休養:結果論に過ぎないが、1週間前の日曜午後に急に体調が悪化し、その日はずっと寝込んだことで、しっかり休養・疲労回復につながった。月曜からは休めず出社したが、無理に走ろうとはせず、水曜に雨のためジムで1時間軽くジョグ、金曜夜に2kmだけ刺激入れ+ジョグで、計たったの13km。レース時、ずっと体が軽く感じられた。今までのテーパリングは、実はきちんとできていなかったのではと思わずにはいられない。

・ リラックス:前日までの状況を踏まえると、PB更新を狙うこれまでの走りは通用しないだろうとの不安があった。つくばでPBを出せているので、失うものはないという気持ちでリラックスして走れた。

・ プランB:4'02/kmペースでおしとおして、後半4'07~4'09で粘る作戦のつもりだったが、詳細は別途書くとして、5km毎を4'06で走った時のタイム(ゴールタイムがちょうど2時間53分)を記載したペースチャートを用意しておいた。結果、これが効果絶大だった。
 
【 当日 】
6:00出発。渋滞はなく予定通り7:15頃、会場付近の指定駐車場に到着。1,500円で事前に申し込めば徒歩圏内に停められるので、大変ありがたいシステム。会場の陸上競技場に着き、テント設営。

芝がふかふかしていて気持ちいい。フィニッシュがトラックというのが、テンション上がる。受け付けは始まったばかりで全く並ぶことなくゼッケン受け取り。スタートまで時間があるので、ほとんど並ばずにトイレを済ませたり、アップしたり、防寒用ジェルを塗り込んだり、ゆったりと過ごす。風は弱め。気温は7度と低いので、ウェアは吸水速乾インナー、techfit長袖に、ゼッケンを留めたノースリーブを重ね、カーフカバーとグローブも着用(全てアディダス笑)。シューズは勿論Japan Boost。100均の雨合羽を着て30分ぐらい前にスタート場所へ。まだあまり並んでいなかったので、体を冷やさないように少しだけ流し気味のアップを入れておく。

長くなったので、今回はここまで・・・。


 
更新の励みになります。応援お願いします!
 
PR