忍者ブログ
05 December

【つくばレポ】 冷静と情熱のあいだ

「冷静と情熱の間」の画像検索結果
映画を観た方も多いと思う。僕はエンヤのテーマ曲がとても気に入って、ランの時によく聴く。もちろん、つくばでも聴いた。

映画の元となった小説は読んだことがないが、江國香織があおいの視点で、辻仁成が順正の視点で書かれている。

一緒にサブ50したあさじろさんのレポ(番外編)を読み、なんとなく、この映画を思い出した。

emoji emoji emoji emoji emoji
あれは、7月のことだった。久しぶりに更新された彼のブログに、こんなことが書かれていた。

気になってコメントして尋ねると、

もしやと思ったら、彼もつくばにエントリーしていた。で、

と言われた。いやいやいや、あ~たは昨年の富山で既にサブ50してるでしょ~がemojiと突っ込みたくなったが(笑)、確かに、そうなれば最高だな、そのために頑張れるなと思った。

レポでは初めて書いたが、そのことを僕はブログにはあえて書かなかった。いや、書けなかったというほうがしっくりくる。事前に宣言して、一緒に達成できれば、そりゃブログのネタ的にも美味しい(笑)。

でも、僕はつくばに賭けていたし、レース前にネタふりをしておくつもりなんて毛頭なかった。

emoji emoji emoji emoji emoji
同じレースを走ったランナーのレポを読むのは楽しいし参考にもなる。何を感じ、どう走ったのか。ブログの醍醐味の一つ。

今回のつくばレポ。あさじろさんのレポと自分のを読み比べて、面白いなと思った。

彼は、まずこう書いてくれた。

僕は、彼のことを「もはやライバルというにはおこがましいんだけど、目標にしているランナー」と表現した。

陣地で再会したのは、僕がトイレから戻ってきたところだった。そういえば、1月の東京30Kで、彼が勝田参戦前にひょっこり登場した時も、僕がトイレからテントに戻ってきた時だった。

しばらくは雑談していたけど、ずっと一緒に行動したわけではなかった。

僕はテント内で着替えたりしていて、ひとりになる時間も欲しかったりで(笑)、気付いたら彼がいなかったemoji Aブロックに並ぶも一度テントに戻ったので、彼を探す時間的余裕もなかった。

で、スタート。彼は、レース中に何度か僕のことをさがしてくれたようで・・・、



彼は自分より速いペースで行くことになるのは分かっていたので、彼よりも前に僕がいることは、まずない(笑)。

最初のスライド、僕は順調に走れていたので「あさじろさんには、今の自分の走りをみて安心してほしかった」と思って、その気持ちは通じたようだ。

最後のスライド。

僕は、この時「自分が折り返すと、彼の背中を捉えられた。あれ、あまり差がないemojiもしかしたら追いつけるかも?」と思った。彼の尻に火をつけてしまったようで(笑)、逃げ切られた。

彼が、

と思ってくれたのと同じころ、僕も「サブ50は確信していたが、欲を出してキロヨンカットを狙い始め」ていた。

結局逃げ切られたが、

彼のおかげで5秒削り出すことができて、キロヨンカットに成功。


ゴール後、「直ぐに迎えてくれた。一番に報告できてよかった。ガッチリ握手」


一方、僕は「つくばで一緒にサブ50しましょう!との約束を果たせた」とホッとした。

ところがどっこい、

彼はレース中にトイレ(大)をして、手を洗っていないという驚愕の事実をレポで知ることになるemoji

いろいろなウンがついて、次につながりそうな気がする(笑)。

emoji emoji emoji emoji emoji
ラスト、負けてたまるか!と思ってくれたことが、嬉しい。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR