忍者ブログ
29 March

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11 December

僕は苦手意識が強いのかもしれない・・・


ふと、そんなことを思った。思っちゃったんだから仕方ない(笑)。

ひょっとしたら誰もが持っている苦手意識(ここではマラソンに限定)。

僕は、フルでは納得のいく結果を出せているけど、5kmとか10kmは相対的に走力が伴っておらず、正直言って苦手意識がある。強気になれないんだ。

僕は、良いか悪いかは別として、極端なストライド走法で、ピッチが180超えれば「よし、脚が回転した」って思っちゃうぐらい、ピッチが少ない。ピッチを上げて走ることに対する苦手意識が少なからずある。

僕は、以前はハーフは得意なほうだった。5kmよりも遅いペースだし、フルの半分の距離っていう、丁度いい感が好きだった。ところが、ご存知のようにずっとサブ80の壁に阻まれて、どっちかというと苦手意識が芽生え始めている。

2012年の足立フレンドリーで初めて81分台を出してから、ずっとその辺をウロウロしている(笑)。その間、フルではサブ55、サブ50、キロヨンカットと、僅かながらもPBを更新できているというのに。

5kmなんて、2014年4月からPBを更新できていないemoji 3kmは今年5月に更新し、初チャレンジのOTT 1500mもそこそこ走れたのに、だ。これも、苦手意識によるところがあるのかもしれない。

そんなことを最近考えていたら、タイミングよくUkeさんが「マラソンって単純な競技だけに、弱点を徹底的に克服するような練習が結果につながりやすいように思う」とブログに書かれていた。

ちょっと解釈を変えれば、苦手意識があるというのは、自分の弱点が分かっているわけだから、そこを徹底的につぶせばいい。頑張るぜ。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR