忍者ブログ
28 April

ガーミン235J vs. 610

先日の5kmレース、使い慣れたForerunner 610と、買ったばかりのForeAthlete 235Jを両方つけて走った。

気になる心拍数を比較してみた。
  平均心拍数    最大心拍数 
610(胸のストラップによる計測) 176 190
235J(手首の光学式による計測) 165 189
平均心拍数で11という誤差は大きいと感じる。これまでの自分のデータからすると、5kmのレースを自己ベストの17'57で走った時は177/185だし、それに次ぐタイムの時でも170以上。いくらなんでも165というのは考えにくい。

グラフで比較してみる。
【610】

【235J】
 
当然のことながら、右肩上がりなのは一致しているものの、細かく見るといくつかの点で異なる。
・スタート直後、心拍が一旦上がりきるまでの時間のズレ
・610はなだらかな上昇線だが、235Jは小さな山があった後に一定になり、また山があり一定というパターンが見られる

やっぱり胸ストラップによる計測のほうが正確な気がしてならない。誤差が小さければ気にならないが、235Jで計測される心拍数の値やパターンに「慣れる」必要はありそうだ。

そして、ピッチのデータ。Garminによる説明がこちら。

正直、ピッチやストライドについてはまだまだ勉強不足だから、これからの課題だけど、意外だったのは平均ピッチ数が179だったこと。てっきり自分はストライド走(=ピッチ数が少ない)と思っていたが、そうでもなさそうだ。
このグラフには貴重な情報が詰まっているような気がする。これからのトレーニングに活かしていきたい。

 
ランキングに参加しています。ポチっとお願いします。
 
PR