忍者ブログ
15 February

10kmペース走@お台場

東京マラソン1週間前、最後のポイント練習、11kmペース走+ダウンジョグ2km@お台場。



先々週あたりから早くも花粉症?になってしまい、鼻の調子があまり良くなく楽に呼吸ができない。鼻水をすすりながら走るのは体力が消耗する。腿裏に張りを感じ、あまりコンディションが良くない。結果
4536秒、平均ペース4’09。平均心拍数が165とかなり高め。


不思議なもので、レース前の
30kmペース走では何回かこなすうちに心拍数が減少するのに、30kmとほぼ同じペースで走る1週間前の10kmペース走では何故だか心拍数が高くなる傾向がある。これまでの自分のレース結果を踏まえ、前半ハーフまでが平均160162(最大心拍数の約80%)であればオーバーペースになっていないことの目安になっている。

 

東京マラソン、前回は落選だったのでボランティアとして活動。ランナーと直に接することが出来る給水係の希望はかなわず、41km地点の距離表示係。言ってしまえば、レース中、単に距離表示の看板を持つだけという、地味~で過酷な任務。9時前に集合で、関門を突破できなかったランナーを乗せた収容バスが通り過ぎた後に片づけをして、16:00過ぎまで活動。41km地点は、ランナーを苦しめる最後の上り坂がある有明駅手前。しかも歩道がなく応援がない区間。


 

「あと1.2km!」「この坂が終われば下りが待ってますよ!」ととにかく応援した。距離表示にチラッと目をやるランナー、時計でラップを確認するランナー、ハイタッチを求めるランナー、地味だけども、そこにいることの意味は確かにあった。

 

録画しておいたビデオを確認すると、ちゃっかり写っていた(笑)。

PR