忍者ブログ
03 August

菅平高原 合宿1日目

8/2(土)5:30に起きて、予定通り7時過ぎに出発~!SA1回休憩。事故渋滞があったものの、11時前に菅平高原に到着!



ラグビーやサッカー合宿のメッカだけあって、芝のコートが数多く点在。カラフルなユニフォームが高原やレタス畑のグリーンをバックに一層映えている。広大な畑で農作業するおじさんおばさん、巨大なトラクターがゆったり公道を走っているのを見ると、長閑な時の流れを感じる。この、熱気あふれる「動」と、大地の「静」のコントラストを見るに、この町でスポーツと農業が共存していることはとても素晴らしいことだと思えた。

それにしても暑い・・・。35度超えの東京に比べれば大分マシだけど、それでも20度後半。ちょっと想定外の暑さだ。

まずは腹ごしらえ、地元で人気だという蕎麦の店「つかだ」で、レタスのサラダ(流石に産地だけあって、食べ放題)と、ざる大盛りを頂く。麺は切幅が不揃いで異様に短いのが気になったが、それもご主人による手打ちのご愛嬌か、蕎麦は微かな甘みがあって美味しかった。

直ぐ近くにある観光協会に立ち寄り、野口みずき監修のクロスカントリー・コースを使用するための許可証を発行してもらう。
500円。


チェックイン前に、ウエスト・コースの下見。標高1,250m、自然館を拠点とした周回コース。駐車スペースがあり、水道、トイレ、自販機もあるので便利。一般道がコースになってはいるものの、車はほとんど通らない。時々、トラクターとホテル送迎用のバスが走っている程度。1km毎に距離表示があるらしいのだが、全部は見つからなかった。時間がお昼を回っているからか、見かけたランナーはひとりのみ。






 



続いて、ウエスト・コースに車を走らす。この辺りは閑静な別荘地。スポーツランド内の陸上トラックにも寄ってみた。遠くに見える深い緑の山は夏空に包まれ、レンガ色のトラックが堂々と佇んでいる。トラック外の芝生はフサフサと気持ちよくできることなら予定を変更して昼寝したいぐらいだ。
 


 

13時前だったが、快くチェックインさせてくれた。宿泊先はホテル白樺荘<菅平高原>。唯一空きがあったホテル。実は上田駅前のビジネスホテルにも空きがあり、こちらのほうが当然ハード面で充実しているので、直前まで迷った。だが、高原まで車で40分もかかるし、どうせなら合宿っぽさを味わおうと決心した。

洋室ではなく和室、しかも部屋にシャワーはなく大浴場(因みに、楽天トラベルで予約すると、そもそもシャワー付の部屋は選択できないとのこと)。典型的な
The和室。部屋は表通りに面していて、言うなればマウンテン・ビューだ(笑)。三又交差点に位置しているので、人の往来も結構あり、それなりに賑やかだ。

 

【 トレーニング1 】

着替えて準備して、再びウエスト・コースのスタート地点へ。町がとてもコンパクトなので移動に大して時間がかからないのは便利だ。気温28度。何はともあれ、いざスタート!出だしはアップも兼ねてゆっくり目に走り、4’30。とにかく暑いし、なにしろ標高1,250m。ペースが上がらないどころか、リズムもつかめない。これが高知トレーニングの洗礼か!?と身をもって知ることとなった。景色を楽しんでいる余裕など皆無。30kmのペース走のつもりだったが、いきなり無理をして2日間のメニューをこなせなかったら元も子もない。2周目であれやこれや考えながら、途中でコースを間違えたので2周終われば15km超になるなと思い、予定変更。結局、脚パンパン、息ゼーゼー、汗ダラダラの三重苦で、ペースを上げられないまま終了、15.54km1時間11分、平均ペース4’35

 

【 トレーニング2 】

休憩をはさみ、次は菅平湿原周りの2.1kmコースを5周することにした。ロードではないので若干走りにくいが、木々に囲まれ幾分は涼しい。少し速めのジョグでペース5’00設定。10.41km51分、平均ペース4’54

 

【 トレーニング3 】

続いて、①の6.28kmコースをダウン・ジョグ。ガーミンの結果は、ぴったり6.28km41分、平均ペース6’29

 

32.2km。右足の踵に痛みが・・・。整形外科で指摘されたことだが、坐骨神経が圧迫され末端である踵に痛みが生じているのかもしれない。でも、その頃痛めていたお尻は痛くない。と、こんな感じで初日は終わった。



ランキングに参加しています。↓ポチっとお願いします。 

PR