忍者ブログ
26 June

【連載】 サブスリーのために取り組んだ5つのポイント~その②


2つ目のポイントは、真夏の3時間LSDemoji

ランナーとして初めて迎えた2011夏、仕事は忙しいし、子供が3月に生まれたばかりだったりで、7月は112km、8月は138kmしか走らなかった。3~5月も距離が伸びず。

さすがに走り込みが足りなかったと後悔し、夏は距離を踏んでおきたいと考えた。

というのが背景で、では何故LSDを選んだかというと、理由は単純明快。サブスリーを目指すには、まず3時間きっちり走れる全身持久力を鍛えようと思ったからemoji 

LSDについては賛否両論あると理解していた。でも、モノは試し、食わず嫌いはよくないなと思い、やってみることにした。ケガのリスクが極めて小さいというのも、いい。

敢えて真夏の炎天下で行うことにより、副次効果としてメンタルも鍛えられそうだなと期待した。

6'00~7'00ペースで3時間走る。距離にして25~30km。6月下旬~9月上旬、計11回、毎週やり続けた。疲労抜きジョグ同様、ダラダラ走るのではなく、やはりフォームを意識して。

気温30度を超えると、まさに修行emoji ペースを維持できないということはないので、とにかく走り続け、耐える。

毛細血管が鍛えられるというのは本当で、実感できた。走り終えると、あら不思議、脚の細い血管が浮かび上がり、こんなに血管が通っているんだと驚いた。

フォームを意識することで体幹もしっかりしたような気がする。それに、なんと言っても、メンタルが強化された。涼しくなったら、ペースを上げてガンガン走れそうだ、という期待感も持てた。クソ暑い中、こんなヘンタイ練習をこなせたという満足感。

3時間走り終えた後のプロテイン補給と水浴びが至福の時間emoji

思わず逆立ちしたくなるほどの達成感(笑)。

梅雨が明ければ、暑くなるこの時期。夏にこそ、LSDはもってこいだと思う。中途半端なペースで走るぐらいなら、暑さを受け入れ、いや、むしろ歓迎しemoji
Long 長時間、
Slow とことんスローペースで、
Distance 距離を稼ぐ。

オススメです。

更新の励みになります。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR