忍者ブログ
04 March

スポーツ・オーソリティ破産!

先日のアシックスによるRunkeeperの買収にも驚いたが、日本でもお馴染みのスポーツ用品小売り大手スポーツ・オーソリティがチャプター11(破産)を申請したというニュースが舞い込んできた。

おととい、アマゾンのプライムナウを初めて利用したら、僅か1時間強で配送完了したことに驚いたが、まさに破産の理由の一つが、アマゾンのようなEコマースとの競争らしい。

ちょっと調べてみたところ、米国スポーツ・オーソリティ社はアメリカの投資ファンド傘下になっている。日本に拠点があるファンドではないが、下図のようにかなり名が知られた会社への投資実績が豊富で、様々な形で日本企業との接点もあるようだ。

昨秋に明治神宮外苑にオープンしたシェイク・シャック(サザビーリーグによる展開)をはじめとし、NYでも人気のスーパーマーケットであるホールフーズ、ファッション・ブランドのJ.CREWなどなど。J.CREWは日本では撤退済みだが、かつてレナウンがライセンス展開していた。また当時の報道によれば、ユニクロが5,000億円で買収を検討していたこともある老舗ブランド。

そして、スポーツ・オーソリティは、日本ではイオンとのJV展開。イオン側からの発表によれば、「当社はイオンの子会社であり、当社の事業運営に直接影響を与えるものではありません」、「一連の報道は承知しており、スポーツ・オーソリティ社とは適宜コミュニケーションを図っている。国内の店舗は引き続き営業を継続する」とのことらしい。

ランニング周辺業界も激動の時代・・・。
  
  
注)本記事に書かれている内容は全て公開情報に基づいています。また、投資を勧誘する目的は一切ありません。
 
  
ランキングに参加しています。ポチっとお願いします。
 
PR