忍者ブログ
06 March

隴を得て蜀を望む

人間とはなんて欲深い生き物なんだろうか(笑)。東京マラソンで自己ベスト2時間5525秒をネガティブ・スプリットで叩き出し充実感で満たされていた。しかし数日経って筋肉痛も収まると、55分カットの26秒を削り出せなかったことが悔やまれて仕方ない。

 

515km区間の10km42’27(ペース4’15)もかかったことが、やはり致命的なミス。入りの5kmは予定通りだった。心拍数が少し高めだったので意識的にペースダウンしたというか、まだ先は長いから自分を落ち着かせようと慎重になりすぎたのかもしれない。GPSが乱れ正確なペースを把握できず、気付いたら設定タイムから遅れをとってしまっていた。なんとも女々しい、今更+たられば、ではあるが、その10km42分(ペース4’12)未満で走っていたら、そしてそのペースは決して辛くなく後に影響が出るほどでもないはずだから、55分カットできたのではないかと思えてならない。

 

15(日)は横浜マラソン。追加抽選で運よく当選。エントリー料は他よりも高い約16,000円。ファンランにするには正直もったいないし、日帰りで参加できるレースは限られているし、そもそも必ずエントリーできるわけではないという状況で、やはり自分にチャレンジすべきではないかと思い直した。東京の3週間後で間隔は短いが、これまでの湘南→つくばと同じ間隔で、過去3年のうち2回はつくばのほうがタイムがよく、サブスリーを46秒逃したのは1回だけ。

 

というわけで、横浜で55分カットに再挑戦!

PR