忍者ブログ
04 June

【レポ】 喜多マラソン10km ~娘の涙を思い出せ!


喜多マラソン、6回目の参加。メインのフルは一度も走ったことがないが、ハーフ4回、10kmが今回で2回目。何気にお気に入りの大会。

うち、優勝1回、準優勝2回。

8:30過ぎに現地入り。既に暑い!ささっと準備し軽くアップ。シューズをノーマルrenに履き替え、再び流しを入れたアップ。ふくらはぎは全く気にならず。

主催の北区ラジオ連盟会長さんの、相変わらず的を得ない挨拶にほのぼのとする(笑)。

フルとハーフのスタートを見送り、スタートの9:50が近づく。

直近の練習状況を踏まえPBは狙わず、目標は3'45ペース、37'30。

カウントダウンが終わりパンッemojiと鳴るはずが、まさかの不発emojiなんとも、喜多らしいゆるゆるなスタートとなる。もう一度やり直すこともなく、となると計測は既に始まっていて、みんな5秒位ロスした形か(笑)。

飛び出したのは2人。僕はマイペースを意識。珍しくほぼ無風なので走りやすい。入りは3'41、調子も悪くなさそうだ。

先頭の2人とは20m位の差になりほぼ一定間隔となった。3'44、3'45、3'48とラップを刻む。

4km目に給水があったが、紙ではなくプラスチックのコップで、つかんだ瞬間にパキッと割れてしまったemoji痛いミスを犯す。

5km目で土手に上がる坂道が長くて、地味にキツイ。3'55まで落ち込む。だが、この上りでトップ集団との差は少し縮まった。岩淵水門の給水は成功(水だけどね)。

5km半ばで2回目の折り返し。いよいよ暑さにやられ、心肺もきつくなり、気持ち悪くなるemoji こりゃちょっとマズイな~と弱気になり、6km目は3'51。

確かこの辺で2位になったが、トップとは80mぐらい離されていた。

モワッと湿気もあり、空気が重い。7km目が3'51、続いて4'02とついにキロヨンをオーバーemoji

目標タイムは既に諦めていたし、トップには追いつけそうにないし、半ば惰性で走って3'59。

それでいいのか!?

昨日の運動会、タッチの差で負けて2位になって、帰宅した途端に悔し涙を流した娘。

hassyさんからは「明日はパパの番ですね!」と応援コメントをくれた。

諦めずに頑張ってみようと思った。トップの背中は80mぐらい先。そうだ、一度後ろを振り返ってこちらとの距離を確認している。余裕がないのは彼も同じだ。

残り500mを切ったところで、超絶ラストスパートをかますemoji 相棒のノーマルren、こういう時グングン加速してくれる。

トップの背中が少しずつ大きくなる。スパートをかけたからには追いつけないのは恰好悪い。仕留めるしかない。

手のひらを思いっきり開いて腕をグイグイ回した短距離走り(笑)。追いつく!抜ける!と信じ、最後の力をギュッと絞り出す。

数メートル手前で追い抜き、左に折れてゴール( ↓ 左側のゲート)

その差、わずか2秒だった。

最終ラップは、この日最速の3'39.5。

タイムは38分10秒(3'49/km)と平凡だったが、25度の中、よく頑張ったemoji


心拍データを見ると、途中でピンと跳ねて明らかに異常値だけど、その後は元の水準まで戻っている。

ジワジワと185前後で推移し、ラストスパートをかましてからはなんと196まで上昇。

僕の最大心拍数189。ついに振り切ったか(笑)。

しかも、ラスト200mのペースは3'21~3'03。出し切れた。

優勝はもちろん嬉しいが、この日のベストを尽くせたことのほうがもっと嬉しい。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR