忍者ブログ
12 November

つくば2週間前15km走を終えて


昨日のレポ。シューズは練習用のjapan boost 3がすり減ってきたので、つくばと東京で履いたものにした。そう、サブ50シューズだ(笑)。

気温17度、快晴、風弱め。言い訳できないコンディション。金夜にたっぷりと寝て、前日は娘の参観日以外は家で大人しくしていたので、体調は回復していた。

設定は最低でも3'55、できれば3'50に近づけたい。テーパリングなのでガチらず、余力を感じながら走り切りたい。

大事な入りは3'51、いい感じだ。最近ストライドに頼る走りになっているので、ピッチをかなり意識してみると、179。でも、なんだかしっくりこない。

続いて3'53。この辺が今日のコンフォート・ゾーンだと感じたが、心拍数は既に166と高め。ピッチは177。

ピッチを維持しようとすると心拍が上がるので、ピッチのことは忘れ自然体で走る。3'53、3'54、3'53と安定したラップで、ピッチは175、173、173と徐々にストライドも広がる。

ところが心拍数は落ちてこないどころか172まで上昇。

続く5kmは3'55との攻防になる。余力を感じつつと言いながら、それほど余力はない(笑)。

走りのリズムが中々かみ合わない。ブーストの反発を受けてスイスイ走れていない。

このままでは終わりたくないなと思い始め、エンジン出力を強める。ちょっとその気になれば3'50は出せることに安心した(笑)。

ラストはスパートの練習として気持ちよく3'44まで上げて終了。

15kmは58'11、ペース3'53。

結局こ~なるだろうなと予想した通りの結果(笑)。そして、余裕度あまりなし(笑)。

心拍数は正直だ。平均169、ピッチ174、ストライド148cm。ベストな走りじゃない。

過去データと比較。
・東京前 3'51 165 178
・つくば前 3'51 167 178

決定的な違いは余裕度。

emoji emoji emoji emoji emoji
数日前に体調を崩した影響はゼロではないけど、大きな原因ではない。酷い体調不良なら走る前から気分が乗らず気力もないけど、途中で「あ、やっぱり調子悪いな」と思うのは後付けの言い訳だ。

冷静に考えてみる。

僕の夏といえば、5~15kmのキロヨン切るペース走+Eペースジョグで計30km、というのがメインのポイント練習だ。

諸々の事情で夏に十分に走り込めなかったツケが回ってきた。「夏を制する者は・・・」とよく言われるが、今この時期にどう走れるかは、やはり夏をどう走ったかによって左右される。

そりゃね、ガチで走れば違った結果になるけど、もはやガチで走る時期じゃない。その分疲労が溜まるリスクのほうが大きいと、僕は思う(単に回復力が遅い、とも言うw)。

悲観視しているわけではないけど、現実を受け止めた上で、本番でベストを尽くせるよう、本番に向けて調整したい。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR