忍者ブログ
07 January

30km走、不本意なDNF


昨日は今年最初のポイント練習、東京マラソンに向けた30km走。1年前の同じ時期にはキロヨン切って走れているし、つくばでPB更新できたし、設定は当然キロヨンで。

夢の島公園は気温6度。日差しがあり、風も弱め。走る時間帯の天気予報を確認した上でウェアを選択。シューズはjapan boost 3。

前日に負傷した右手首の影響はなく安心した。軽くアップし、GO。

大事な入りは3'58。その後も淡々と超安定ラップを刻む。時々確認した心拍数も160前後で極めて順調。

僕の場合、設定ペースからマイナス1~2秒で無理なく走れている時は、調子がいい証拠。何ら不安はなかった。

ところが。

11km目でいきなりキロヨンをオーバーすると、体感的には同じ出力で走っているにもかかわらず、オートラップのタイム表示を見るたびに「あれ?」ってなる。

どうやら風が強くなってきたようだった。

僕は寒さにめっぽう弱いのでそれなりの対策をしたつもりだったけど、太陽が雲に隠れ、しかも風が強まったことで気温が下がり、せっかく温まったカラダの熱を一気に奪われたようだ。

僕は額が汗ばむぐらいで走っている時が丁度いい。汗で余計に体温が下がったようだった。

手先がかじかんで、次第にしびれを感じるようになった。脚は残っているのに集中力もなくなってきた。

応急処置として、ラン用グローブに、移動中にしているニット素材のグローブを重ねてみる。パーキングはコースのすぐそばにあるので、こういう時に便利だ。

それでも一向に手先のしびれが解消されることなく、ラップはついに4'16。これはやばい感じ。消化で1km走って20kmで終了とした。

1:20'57、平均ペース4'03。

意気消沈し一旦車に戻って休憩。30km走り切らないで終わりたくないと考え直し、ウインドブレーカーを着てEペースぐらいで走り出すも、カラダが全面拒否。

温かい缶コーヒーでも飲んで回復できるかなと一瞬期待するも、家族で出かける用事があり、元々2時間ぐらいで終わる予定だったから、そもそも間に合いそうにない。

諸々の状況からして諦めざるをえなかった。

もはや、キーパー用のグローブが必要か(笑)。
「キーパー グローブ アディダス」の画像検索結果
そんな冗談を言っている場合じゃない。

最初の10kmがあまりに順調だったし、脚は残っていたし、体重だって正月明けにもかかわらず平常通りの水準だった。

東京マラソンまで、負荷の高い30km走ができるのはあと3回しかない。1発目をしくったのは正直痛い。

まぁ、でも、こっからだ。これから上げていく。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR