忍者ブログ
06 February

【東京マラソン】現状把握とテーパリング計画


残すところあと19日。

もう、長い距離をガッツリ走る練習はしない。疲労抜きジョグをいつも以上に丁寧にこなし、スピード重視の短い距離で調整。

東京の目標はまだ決めていない。

つくばを絶好調で走り、ようやくサブ50、おまけにキロヨンカットも達成。

気持ちが切れているわけではない。つくばのタイムに満足しているが、Beyond 4.00、まだ先がある。PB更新は当然のこと、どこまで目指すか。

まずは、今の状態を体感ではなく、データで把握してみる。

昨年の東京2017に向けての計画と結果。

4週間前の東京30K+5Kは不発に終わったが、ほぼプラン通りに練習はこなせていた。残念ながらサブ50は逃したものの、PBは1分以上更新できた。冷静に振り返って、まだサブ50の実力がなかった。

今シーズン秋。9月からのロング走積み上げが不調に終わり、調整レースの水戸ではタイムこそサブ55だったが、内容はイマイチ。
その後、テーパリングの3週間で調子がぐんぐん上がり、練習は全て計画通りに、いや、それ以上に消化できて、自信を持って臨めた。効果てきめんだったのは、週半ばの1kmインターバル3本。

で、現在の進捗状況。

年末から3週連続の30km走は、全てキロ4アンダーで走った。1月14日はハーフ向けに20kmのペース走+10km粘るというハイブリッド走とはならなかったが、結果としてPBになった。

喜多ハーフではサブ80を逃したが、楽観的な見方をすれば、東京にはつながったと思う。

初の40km走では、フル換算で53分台前半のペースでこなせた。

つくばの好調ウェーブを作った1kmインターバル3本も、今週から入れていく予定。3本なら疲労はたまらないし、日曜のペース走に向けての刺激入れになる。

懸念点は、寒いこと!着込んだ格好でどこまでスピードを出せるか。

15kmと10kmのペース走の結果を踏まえ、具体的な目標を決めるつもり。

東京マラソン、過去4回ともタイムは更新している。さすがに、この流れは崩したくない。

多くのランナーにとって別大が特別な意味を持つのと同じように、東京こそが僕にとっては唯一無二の勝負レース。

旧コースは家から見えるし、すぐ目の前がコース。コースは変わったけど、家族が応援してくれる。初参加の時は、僕の両親や親戚も応援に駆けつけてくれた。

あさじろさんとの出会いのきっかけになった2015年大会。以来、切磋琢磨し合う仲になった。彼はサブ45というタイムを引っ提げて、今年は準エリートとして参戦。

あの時は二人ともサブ55を逃した。昨年つくばでは、ダブルでサブ50を達成できた。今回はそういう感じにはならないけど(笑)、同じレースを走れるだけで心強い。

更新の励みになります。
応援クリックお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
PR