忍者ブログ
23 March

横浜マラソン2015 パート1

それでは、横浜マラソンを振り返ってみたいと思います。


 

【調整~当日】

3週間前に東京マラソンがあり、その後は疲労抜きジョグ1時間をペース6’307’303回。2週間前の週末にペース走15km@4’05、疲労抜きジョグでつないで、1週間前はちょい速めペース走10km@4’04。その後はゆっくりジョグ1回、刺激走2km+ジョグを4日前と2日前にこなした。いつもと同じパターン

・カーボローディングは今回もあまり意識せず、金曜は昼パスタ大盛、夜チャーハン大盛、前日昼はお雑煮、夜ご飯多め。当日朝はバナナ、デニッシュ、赤飯おにぎり、カステラ、オレンジジュース

・当日3:40起床。5時過ぎに家を出て、電車を乗り継ぎ6:20頃にみなとみらいに到着。金曜にEXPOに行ったので、土地勘があまりないながら動線は理解していた (電車嫌いなので車で行こうかとも考えていたが、高速道路出口が早い時間から封鎖されるとのことで諦めた)

・会場のパシフィコ横浜に行くにはQUEEN’S EASTを通過。モール内で着替えなどの準備をするランナーが多かった。仮設トイレが混雑するだろうと考え、モール内で一度寄っておくことにした。10数分の待ち時間で済んだ。これは正解だったと思う

・会場への入り口が1か所に制限されていて長蛇の列。荷物預けエリアのそばで着替えを済ませた。ウェアは東京と全く同じで、インナーシャツ、長袖Techfitシャツ、ゼッケン用タンクトップ、グローブ、短パン、カーフスリーブ、adizero Japan Boost、全てadidas

・室内なので暖かくて助かる。100均のカッパ上下を着て会場を出る。外の仮設トイレはガラガラだったので念のため寄っておく。Aブロックは最も遠い場所にあるが、途中軽めにジョグして、ちょうど良いアップになった

 

【レース・プラン】

・何が何でも目標55分切り。前半4’09、後半4’08がざっくりとしたプラン。東京で使ったペース・チャートを目安にすることにした。ペース配分が狂わないように、今回初めてラップを自動ではなく手動にしてみることにした

 

【スタートまで】

・中央分離帯付近で腰掛けて、マッサージ・ジェルを顔や首、脚に塗りこみ、軽くストレッチしてやり過ごす。反対車線にラッスンゴレライの芸人さんがいた。時折冷たい風が吹き、待っている間は寒かった

 

【スタート】

・スタート時の気温8度。若干肌寒い

・スタートロスは6秒。全く混雑やストレスなく直ぐに自分のペースで走ることが出来た

 

15km 20’46、ペース4’09

・予定通りペース4’09。平均心拍数が162だが、気にしない

・しばらくは上着のカッパを着て走ったが、体が十分に温まったので脱ぐ

・やはり手動ラップにして正解。運営側の距離表示の場所が正しいというのが大前提だが、1km毎に4’09前後でラップを刻んでさえいればいいので、GPSの乱れに惑わされず精神的に楽

 

610km 20’37、ペース4’07

・平均心拍数も160未満で落ち着いてきて、体感に任せて淡々と走る。給水は毎回少量ずつ取る。Aブロックでスタートできたからか、給水を取るのに混雑がなくてペースダウンする必要がないのでストレスフリー

10km地点で1個目のジェル補給

 

1115km 20’41、ペース4’08

・気温がちょうどよく心地よくラップを刻めている。心拍数も未だ160未満

・かなり調子がいいんじゃないかと思うようになる

 

1620km 20’27、ペース4’05

・特にペースアップを意識することなく体感に任せて走ったが、結果的に4’05が出ていた

2個目のジェル補給

PR